定年生活.com トップ» » 2020年版 京都の住みたい街ランキング 引き続き京都・桂・嵐山が人気と同時にあの街の人気が急上昇です。

2020年版 京都の住みたい街ランキング 引き続き京都・桂・嵐山が人気と同時にあの街の人気が急上昇です。

2020/7/1 

国内最大級の不動産情報サイト「スーモ」を運営する株式会社リクルート住まいカンパニーが、恒例の「SUUMO住みたい街ランキング」2020年度版を発表しました。

https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/data/sumimachi2020kansai_eki/
(詳細は上記リンクより、ご覧になれます)

京都は住む街としても魅力的・・・

 今回はその中でも京都市に焦点を当ててみていきたいと思います。観光地としても人気の京都。古都としての佇まいを残しつつも京都大学に代表される日本屈指の大学が競合するアカデミックな街でもあります。
子育て世代にとっては、緑が豊かなこと、レベルの高い学校が多いこと、就労世代にとっては観光業を始め雇用が多いことなど、観光だけでなく暮らす街としても非常に多彩な魅力を備えています。また京都は任天堂をはじめ、多くの上場の企業が本社があることでも知られています。

そんな京都は市内の物件が少なく、また厳格な環境(景観)条例と相まって大型マンションなどもなかなか立ちにくく、また先祖代々からの土地はなかなか手ばされない方が多いのが特徴です。そんな住まい探しも一苦労な京都市の中心部はどんな街が人気なのでしょうか?

京都・桂は引き続き人気です・・・

 2019年には近畿ランキングで7位だった京都駅周辺は今年も10位とややランクダウンしましたがやはり京都市の中では最も人気のあるエリアです。特に京都駅付近にはイオンモール京都もあり、生活に必要なものは調達できるといえるでしょう。

https://kyoto-aeonmall.com/

 また京都府外の方にはあまり知られていないかも知れませんが、京都駅からJRで新大阪には出やすいです。さらに鴨川を超えて歩くと京阪本線の「東福寺駅」もありますので、京阪に乗れば北は豊かな文化財や歴史遺産がある左京区方面、また大阪市方面は京橋や淀屋橋にも出やすいので大阪方面に勤める方にも実は住みやすいエリアであるといえるでしょう。住まいの拠点は京都で、仕事や遊びは大阪で、という方には良いかもしれません。

 昨年近畿エリアで12位だった「桂」は今年も12位で高い人気を誇っています。桂駅は阪急京都線の駅で、桂川沿いにある閑静な住宅街で、ファミリーに暮らしやすいエリアです。そして阪急線沿線は人気の街が多いのが特徴です。
 近畿エリア16位には阪急線のある「嵐山」、18位には阪急京都線の終点・京都河原町がランクインしており、また昨年から大きな変動もありません。

 桂はその京都河原町まで特急で7分。京都の中心部である烏丸までわずか5分、190円で行けるのが大きな特徴です。

嵐山・河原町も人気です

 第16位に入った嵐山。京都といえば誰もが思い浮かべる嵐山・渡月橋の風景。ゆったりと流れる桂川のせせらぎや、春は桜、秋は燃えるような紅葉で包まれる山を毎日眺めながら暮らすのは、なんと贅沢なことだろう。世界遺産・天龍寺や竹のトンネル・竹林の道もすぐ近くにあり、日常の散策路として楽しめるエリアです。

嵐山は、こんなメジャーな観光地なのに家賃相場は平均、3.93万円とかなり安価。駅周辺はお土産ショップなどが並んでいるが、ひと筋奧に入ると閑静な住宅街が広がっています。さらには阪急線に乗れば、京都の中心・京都河原町駅にも一本で出られるというのも人気の秘密です。

 そして京都の中心地でもある京都・河原町駅。今回も18位と上位にランクインしています。日々ののショッピングはここでという方も少なくないので人気です。特に駅と高島屋はほぼ直結ですし、木屋町通の高瀬川沿いにはいわゆる小さいな飲食店も無数にあります。

 たしかに帰りを気にしなくて良いとすれば良いエリアですし、さらには阪急京都線で大阪の中心・梅田にも一本で出られるのも住まいは京都・勤め先は大阪という方には良い一方、八坂神社やぎ村四条など多くの観光地があるため、人混みが苦手な方には不人気かもしれません。

あの街の人気が急上昇

 前回の43位から31位と多く上昇したのが「烏丸御池」。いうまでもなく京都市のビジネスの中心地でもあります。同じくビジネスの中心である烏丸には自転車で行ける距離です。さらには北に行くとすぐに京都御所があるエリア。地下鉄も南北に走る烏丸線と東西に走る東西線が交差するエリアですので、東は東山、御陵、西は太秦天神、北は北山、今出川、南は京都、奈良方面と地下鉄だけでどこへでもアクセスが出来ます。

 自転車中心の生活を考えている方には駐輪場スペースも見ておくと良いでしょう。京都市で見ると烏丸御池がある中京区が1番人気ですので、次年度以降、この烏丸御池の任期がさらに上昇することも予想されます。

 (文責:定年生活事務局)
この記事は、株式会社リクルート住まいカンパニーが、「SUUMO住みたい街ランキング」2020年度版を参考に作成しています。

※執筆協力:200万円からの不動産投資をする大家さん
名古屋や福岡といった地方都市をメインに投資総額を200万円前後に収める不動産投資法を行う。リスクを最小限にリターンは最大限にする方法論に定評がある。実際に京都市内にも物件を所有していることから取材協力頂いた。



定年生活ではLINEのお友達を募集しています☆以下のQRコードからお友達登録をしていただきますと、LINEだけでのお役立ち情報をお届けします。
定年生活ではLINEのお友達を募集しています