定年生活.com トップ» 暮らす » 家族や同居する方が新型コロナウイルスに感染した場合の対処方法8つのポイント

家族や同居する方が新型コロナウイルスに感染した場合の対処方法8つのポイント

2020/8/5 

新型コロナウイルス感染対策による緊急事態宣言が解除されたのち、まず東京の新宿を中心とした接客を伴う繁華街を中心に感染の再拡大が始まりました。20代・30代を中心とした若い年齢層の方が中心でしたが、徐々に感染する年齢層が高まっています。

 この原因の一つがいわゆる、家庭内感染が理由に挙げられています。今回のケースでは若い人を中心に無症状の方も多く、そうした無自覚の感染者から同居される高齢者に感染が広げるケースなども多々あるようです。

 特に60代以上の方で基礎疾患をお持ちの方は重症化しやすいともいわれており、折角緊急事態宣言解除もかなり、行動を自粛しても家庭内で感染してしまったのでは元も子もありません。
 厚生労働省からは家庭内に感染者が出てしまった場合の対処方法を8つのポイントとして、ご紹介しています。同様の内容は愛知県日進市のHPでも紹介されていますので、本稿でもご紹介したいと思います。

https://www.city.nisshin.lg.jp/kinkyu/kinkyu/yobou/10276.html

ポイント1:部屋を分けましょう

 まずは感染した方と感染していない方を分けましょう。食事や寝るときも別室としてください。子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋を分けられない場合には、少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。

 寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。トイレ、バスルームなど共有スペースの利用は最小限にしましょう。特にお風呂は感染者が利用する場合は一番最後が良いでしょう。

ポイント2:感染者のお世話はできるだけ限られた方で。

 感染者の方のお世話は特定の健常者1人が望ましいといえるでしょう。特に基礎疾患のおありの方や、妊婦の方などはお世話をしないことが望ましいといえるでしょう。

ポイント3:マスクをつけましょう

 マスクをつけてお世話をするのはマストです。のみならず使用したマスクを外に持ち出す行為、部屋の外に持ち出す行為も厳禁です。


 
 マスクを外す際には、表面を触らない様に注意し、外した後は速やかに手を洗いましょう。

ポイント4:手洗いをこまめに

 衛生管理の基本としてもっとも簡単に励行できるのは手荒いです。当然ですが、指先を少し濡らす程度のおざなりな手洗いではなく、石鹸を使ってしっかり手洗いをしましょう。特に指先などもしっかり洗い、1分以上をかけてじっくり洗うのが望ましいでしょう。

ポイント5:換気を徹底

 換気をすることも重要です。夏や冬は換気が疎かになりがちですが、室内を閉めっぱなしにするのではなく、比較的過ごしやすい気温の時に、換気を兼ねて、窓を開けるようにこころがけましょう。

ポイント6:手で触れる共有部分を消毒しましょう

共用部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
・物に付着したウイルスはしばらく生存します。
・家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください(目安となる濃度は0.05%です(製品の濃度が6%の場合、水3Lに液を25mlです。))。 トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消
毒剤でこまめに消毒しましょう。
・タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。
・感染者の使用したものを分けて洗う必要はありません。

洗浄前のものを共用しないようにしてください。
・特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどでは共用しないように注意しましょう

ポイント7:汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。

ポイント8:ゴミは密閉して捨てましょう

 ゴミを室外に出すときは密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。

実際の感染された方で同居される方にはうつさなかった体験談

 ここから定年生活独自の内容です。実際に感染されたかたで同居の方に移さなかった方法をお伝えします。
 この方はコロナ感染と疑われる状態がありながらPCR検査を受けることが出来ず、自宅療養を続けていた方です。発熱から9日後に陽性が確認され、その間、奥様と2人暮らしでしたが、奥様に感染することはありませんでした。
 この方が行ったことは

1:部屋から一歩も出ない。家族間の会話はline(通信用アプリ)で済ます
2:換気を行う
3:消息を徹底する

 の3点だったそうです。
 家庭内感染は広がると拡大を防ぐのが難しいと言われています。
 本稿の脱稿中にもうがい薬に一定の効果があるという研究成果もあるとの報道に触れました。出来ることから行うことで極力、家族に感染が拡大しように留意していきましょう。

(文責:定年生活編集部)
参考文献:本文中に引用のもの



定年生活ではLINEのお友達を募集しています☆以下のQRコードからお友達登録をしていただきますと、LINEだけでのお役立ち情報をお届けします。
定年生活ではLINEのお友達を募集しています