定年生活.com トップ» 暮らす » 2021年版 京都の住みたい街ランキング 引き続き京都が人気と同時にあの街の人気が急上昇です。

2021年版 京都の住みたい街ランキング 引き続き京都が人気と同時にあの街の人気が急上昇です。

2021/3/18 

国内最大級の不動産情報サイト「スーモ」を運営する株式会社リクルート住まいカンパニーが、恒例の「SUUMO住みたい街ランキング」2021年度版を発表しました。今回も京都駅周辺が人気ですが、一方で京都府外の方にもなじみのあるエリアの人気が急上昇しています。

https://suumo.jp/edit/sumi_machi/2021/kansai/
(詳細は上記リンクよりご覧いただけます)

普通のOLが京都駅周辺に住み続ける理由

 京都に限らず、福岡市などの政令指定都市にも言えることですが、その年のターミナル駅周辺が人気になっているのが特徴です。京都市で言えば、京都駅周辺ということになります。
 ところで、京都は北へ行くほど、有名な場所が多いエリアです。京都御所、二条、祇園四条、金閣寺、北野などどのエリアも京都駅より北にあり、どちらかと言えば、京都駅は京都市中心部から大分、南にあるエリアと言えるでしょう。
 そんな京都駅周辺にお住いの方のコラムが「suumoタウン」にて紹介されていますので要旨をご紹介しましょう。

https://suumo.jp/town/entry/kyoto-nyanco/

 要約すると「京都駅周辺は京都駅に近いのが魅力」。その「京都駅はデザインがとても都会的だと思うけれど、東方向へ10分歩けば鴨川があり、その先は山が見える。都会的なところとのんびりした場所が徒歩圏内にあるのもいいところ。京都駅から歩いていける七条大橋付近は、四条大橋付近のようにカップルが等間隔に並んでいることもないし、三条大橋付近のように若者が盛り上がっていることもなくて、散歩する人やジョギングする人がいたり休憩する人がいるだけ」というのが魅力の様です。

 コラムによると、この方は大阪から京都に移住され、勤務地は奈良とのこと。京都駅周辺は、地下鉄烏丸線・近鉄・JRが通るビッグターミナルです。この様に市外から京都に引っ越され、勤務先が京都市外という方には「京都駅」周辺は便利であると言えるでしょう。

河原町・祇園四条エリアの人気が急上昇

 昨年までは桂(昨年12位)・嵐山(昨年16位)エリアの人気が顕著でした。
 2021年は、この2つを超えて、阪急・京都線終点の「京都河原町」駅が昨年の18位から15位と躍進。また同じ祇園エリアである。京阪本線「祇園四条」エリアが昨年の64位から一挙に、42位と大躍進をしています。

 河原町といえば、「京都タカシマヤ」や「京都マルイ」など大型のショッピングビルが軒を連ねる、京都随一の繁華街。京都河原町駅は、そのど真ん中にあります。京都河原町駅周辺は、阪急電鉄京都本線の終着駅であり、阪急に乗れば、大阪へのアクセスの良さはいうまでもありません。
 住みやすさに関していえば、庶民派スーパーが多いのが特徴。「フレスコ」が駅前エリアに5店舗あり、どの方面に住んでも日々の買い物に困りません。眼科や内科など個人病院も多いので、体調を崩したときには気軽に立ち寄れるのが人気の秘訣と言えそうです。

オフィス街に位置する「御池エリア」「烏丸エリア」も人気上昇中

 地下鉄烏丸線「烏丸駅」や「烏丸御池駅」を中心としたエリアで金融機関やオフィスビル、ショッピングビルや百貨店が立ち並ぶ賑やかなエリアです。烏丸御池駅、烏丸駅は共に昨年は31位でしたが今年は「烏丸御池」が24位、「烏丸」駅が25位と順位が上昇。この2つのエリアは得点面でも昨年より上昇をしています。

 烏丸御池駅は地下鉄烏丸線と東西線がクロスする駅。また烏丸駅は烏丸線と阪急京都線が通っており、いずれも交通アクセスが良い場所です。さらにこのエリアに住む方の声として、
「京都の三大祭が目の前で展開するばかりでなく、交通の便が良いため神社仏閣を訪問するのに良い立地条件にある」
といった意見がありました。

 立地を獣医する方には良いエリアと言えるでしょう。
 本記事が京都へ住むことを検討される方のご参考になれば幸いです。

(文責:200万円からの不動産投資をする大家さん)

九州を中心に200万円程度から始められる不動産投資を実践中。区分所有でも利回り13%以上を確保しつつ、売却時には購入時より高く売却することに成功。自らの手法でミドルリターン・ノーリスクを実現してもらいたいとコラムを執筆中。



定年生活ではLINEのお友達を募集しています☆以下のQRコードからお友達登録をしていただきますと、LINEだけでのお役立ち情報をお届けします。
定年生活ではLINEのお友達を募集しています