定年生活.com トップ» 学ぶ » コロナ禍だからこそ始めたい オンライン英会話レッスン~効果を最大にするために見極めたいポイント

コロナ禍だからこそ始めたい オンライン英会話レッスン~効果を最大にするために見極めたいポイント

2021/6/4 

コロナウイルスに蔓延に伴ってステイホームの時間が増えている方も多いかと思います。そんな中、在宅時間使って語学の勉強をしたいという方が増えています。特に日本人になじみのある英語を勉強したいけど、教室に通う時間がない人でも続けやすそうなオンライン英会話。コロナ禍では対面式のレッスンに躊躇される方も多く、注目されるようになっています。

 しかし「DMM英会話」「ジオスオンライン」「Weblio英会話」などサービスが多いうえにどこがどう違うのかもわかりません。
 この記事ではオンライン英会話レッスンを選ぶ際のポイントを見ていきたいと思います。

オンライン英会話レッスンとは?

 オンライン英会話レッスンとは、インターネットテレビ電話を通して、スマホやPCの画面越しに英会話のレッスンを受けられるオンライン英会話。最大の特徴は、好きな時間と場所でレッスンを受けられるレッスンです。
 このレッスン方法の最大のメリットは

勉強時間を自分のペースで作ることが出来る

 ことです。
 通常の英会話教室と比べて手ごろな料金で英語を学べるのも嬉しいポイントです。

 一方で、学習のペースを自分で管理する必要があります。そこで、自己管理ができる方や、英語学習に対してモチベーションの高い方でないと、長続きしにくい点にはあらかじめ注意しましょう。

オンライン英会話レッスンの選び方

ポイント1:レッスンの質

 オンラインに限らず、英会話レッスンを受ける際のポイントは、レッスンの質です。講師の質としてはよくTOEICの点数などが列記されるケースが多いでしょう。これらは重要な指標です。誰だってTOEIC100点の人より、900点の人から習いたいはずです。
 それに加えて、もう一つ、重要な視点としてTESOLというものがあります。

 TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格のことをいいます。要するに英語を教えるための資格のひとつです。

 TOEICの様な数字とともに、きちんとした英語教授法を持たれていると安心です。

ポイント2:学ぶ目的に合わせたサポートが受けられるか

 外国語の学習は個人差が出るものです。自分に合ったオーダーメイドのレッスンを受けたいなら、1人の専任講師が希望に合わせて教えてくれるパーソナルレッスンの有無をチェックしましょう。
 今回、御紹介している株式会社スピークバディが提供するオンライン英語コーチングでは、担当コーチによる日々の学習サポートとして、日々の学習状況に関する報告や、学習の悩みについて担当コーチにチャットで相談できます。また担当コーチによる英語学習のフォローメッセージやアドバイスが受けられます。



 学習の目的が仕事、旅行、日常会話などによって到達点が異なるが通常です。そこで各自が異なる悩みや学習状況をフォローされるのはポイントと言えるでしょう。株式会社スピークバディが提供するオンライン英語コーチングでは、定期アセスメントとして、初回テストとして英語スピーキングのレベルチェックを行い、発音、流暢さ、語彙、文法、内容面を評価します。
 中間と最終のタイミングで初回テストと同様、5つの項目で評価され、学習成果を可視化します。

ポイント3:学習を継続しやすい環境であるかどうか

 外国語の習得は一日で完成するものではありません。オンライン英会話を利用して学習を進めるうえで、悩ましいのが自己管理です。途中で勉強を投げ出したくなってしまうようなハードルが多数…。

 そこで、大切なのが、勉強を継続できるようなサポートがあるかどうか。充実したサポート体制が整っているサービスに入れば、途中で挫折するリスクを減らしてコツコツ学ぶことができます。

 そのためにも以下の様なフォローが必要でしょう。

・授業内容のリクエスト
・講師からのフィードバック
・復習教材
・日本人のカスタマーサービス
・学習計画などのカウンセリング
・授業外の学習ツール

一番いけないことは、受けっぱなし。やりっぱなしの状態です。こうしたスクールでの実際の「勉強」というのは、教室での「授業」ではなくフィードバックとそれに伴う「復習」にあります。
 株式会社スピークバディが提供するオンライン英語コーチングでは毎週末、ユーザーは音声吹き込み形式で、決められたテーマを英語で話します。発音や内容について、担当コーチからフィードバックします。そのため、効果が出やすいのです。

ポイント5:適切な授業時間であるかどうか・・・

 オンラインと対面式の授業の愛大の違いの1つが授業スタイルです。どうしてもオンライン形式ですと、講師の方の熱量が伝わりにくく、単調になりがちです。また集中力が続かないのが実情です。
 そこで、株式会社スピークバディが提供するオンライン英会話レッスンでは1回のレッスンを1時間に区切っています。

 1時間という短期集中で驚きの成果が出るオンライン英会話レッスン。
は、
・忙しくて時間がない方
・専属の英語コーチが欲しい方
・英語の学習方法が分からない方

 にもピッタリな内容です。
 ほしい英語力を短時間にすーむすに取得したい方は是非、ご検討してみてください。



(文責:定年生活編集部)