定年生活.com トップ» 暮らす » 定年退職後の生活・・・予期せぬ出費で貯金半減

定年退職後の生活・・・予期せぬ出費で貯金半減

2017/12/21 

今回の特集は、65歳、大手企業の元管理職だった方の近況をお届けします。
予期せぬ出費が重なり、老後の計画が大きく狂ってしまったとのことです。

老後の計画

やっと年金が出る年齢になりましたが・・・

やっと年金が出る年齢になりました。

58歳で大手企業を退職して、3年間は子会社の顧問に就いて、65歳になるまでの4年間は主に退職金を細々と取り崩して、時々スポット的な仕事を元の会社から回してもらうなどして、なんとかやりくりして65歳になりました。
子どもたちも家を出て、夫婦二人の平穏な生活が始まりました。

収入は 約25万円

支出は 約27万円

年金は厚生年金と企業年金を併せて月25万円。
これだけあれば、そこそこに食っていける、と思っていました。生活費の内訳は、

・食費           4万6千円
・住居費         4万円
・水道光熱費      1万8千円
・通信費         1万6千円
・被服費         1万3千円
・交通費         5万円
・保健医療費      2万円
・交際費         1万4千円
・小遣い(夫婦)     5万円
・その他

というところで、少し赤字ですが、節約すればだいたい収支均衡するところです。
住居費は住宅ローンがあと3年くらい残っているのですが、ここまで来ると繰り上げ返済してもしなくても対して変わらない。
元金と利回りは8対2くらいになっていますから、まとめて返す必要はありません。
交通費がちょっと高いようですが、これには後で述べる事情があります。

ぎりぎりですが、預貯金があと2000万円くらい残っていますので、夫婦で世界一周旅行をしてみたいと思っていました
だいたい、一人300万円くらいかかるらしいんですが、まあ、ぎりぎりなんとかなるかな、と会社を辞めたころから思っていたんですが、そうもいかなくなりました

車をぶつけられて買い替え

交通事故|シニア

だいたい半年ぐらいは収支均衡ペースできました。しかし、まず、妻がクルマをぶつけられました。
いわゆるおカマを掘られて、しかも、ぶつけた相手は逃げちゃいました。妻は軽いむちうちで済んだのですが、クルマの後ろはぐしゃぐしゃ。逃げた相手は捕まらず、警察ってのは無能だからね。

廃車以外に手がなく、しかもけちって自動車保険をかけていなかったため(搭乗者保険はかけていますよ)、仕方なく、クルマを買い換えることにしましたが、ここで妻がごねました。
ベンツじゃないと乗らない。ぶつけられても頑丈なクルマじゃないとだめ、って譲らないのです。まあ、仕方ありませんよね。

これが500万円くらいかかって、しかも、大きいのでうちの駐車場に入らず、いや入るけれどもぎりぎりでこわいからと、近所に駐車場を借りて、しかもしかも、この外車、ガソリン食いでたまらない

風呂が壊れてしまった

風呂が壊れた|シニア

悪いことは立て続けに来るもので、家の風呂が壊れてしまいました。
風呂桶の底からものすごい水漏れがして、土台部分から外に漏れちゃってる。
うちはユニットバスではないので、風呂場を全部壊さないと直らないといわれて、これが泣く泣く130万円くらいかかった。
直さないわけにはいかないので、どうにもならない。

娘の結婚

さらに娘が結婚することになりました。
めでたいといえばめでたいのですが、親としては結婚式にまた金がかかるわけですよ。やっぱりちゃんと送り出してやりたい。
結婚式は来年ですが、いくらかかるのか、いまから戦々恐々です。
娘の結婚|シニア

娘と妻はパンフレットを取り寄せていろいろ計画しているようで、その楽しげな様子もまた男親にとっては怖さ倍増。

半年で貯金が半減

そんなこんなで2000万円あった貯金は、この半年あまりで半分に減ってしまい、海外旅行どころではなくなってしまいました。
生活費を少しづつ切りつめている毎日です

(初稿:2012/11/28)

 
定年生活がお届けする生活設計・資産運用特集