定年生活.com トップ» » シニアと資金繰り|「モラトリアム法」が終了

シニアと資金繰り|「モラトリアム法」が終了

2013/5/27 

モラトリアム法というのは、住宅ローンの返済猶予制度のことです。
正式名称は「中小企業金融円滑化法」といって、リストラや会社の倒産などで住宅ローンの支払いが滞っていた人達に、返済の猶予を与えるというものです。
この法律の期限が今年の3月末で切れたことから、約10万世帯が家を失うおそれがあるとニュースで報道されていました。
ただし、金融庁では、それぞれの金融機関に期限切れ後も猶予を与えるように通達を行っているようです。もし、銀行に返済を迫られた場合は、金融庁が相談を受け付けています。


ページトップに戻る

 





















★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★

定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。

スタッフよりご挨拶|楽しいシニアライフ、充実した第二の人生のために

いつもアクセスいただきまして、誠にありがとうございます。当サイトは、50歳以上のシニア世代・団塊世代の方々やリタイア後の皆様を応援するサイトとし て、2006年11月にオープン致しました。そして、2011年6月に更なるパワーアップを目的に大幅なリニューアルを行い、定年退職後のシニアライフ、 老後の生活をより楽しく送っていただくためのいわばエンサイクロペディア【百科事典】のようなお役立ち情報やサービスを随時ご紹介しています。 "これからも、いよいよ元気!!超高齢化社会に負けないシニアの力で日本に希望を!"をコンセプトに、ライフデザインサポートカンパニーの株式会社ワークスアンドパートナーが運営しています。今後とも定年退職後のシニア世代・老後世代やリタイア後の中高年を応援する当サイトをぜひともよろしくお願い申し上げます。