定年生活.com トップ» 食べる » カビが生えやすい食品

カビが生えやすい食品

2013/7/24  カビキラー さん

シニア|パン
集中豪雨と猛暑が交互に訪れて、温度と湿度がちょうどいいのか、カビが生えやすくなっています。

キッチンに置いておいた食品をなにげなく手にすると、「ここにもカビが…」とショックな日々が続きます。

そこで、カビが生えやすい食品と生えにくい食品を調べてみました。

カビにも好きな食品があるらしく、青カビはみかんやりんご、こうじカビはパンやまんじゅう、あずき色カビは、ケーキやようかんなどの糖度の高いお菓子に生えやすいようです。

ジュースやペットボトル入りの飲料などは、ススカビ、アカカビ、ハイイロカビといった様々なカビが生えます。

食パンには、そうとうな水分が含まれているので、カビが生えやすくなっています。冷凍庫で冷凍して、食べるときにトーストにでもすれば長持ちします。

食パンに塗るジャムにもカビが生えるので、空気が入りやすいビン状の入れ物より空気にふれにくいチューブタイプがおすすめです。

餅の表面には、赤カビや青カビが生えます。カビの生えた表面だけ削り取って食べる人がいますが、奥まで入り込んでいるおそれがあります。

“カビ毒”は熱に強いので、加熱して食べれば大丈夫ということでもないようです。

チーズには、アオカビを用いたブルーチーズ、白カビを用いたカマンベールがあります。

また、醤油や味噌などはニホンコウジカビを用いて製造されますが、ほかの種類の害のあるカビが発生することがあるので要注意です。

これらとは逆に、「カビが生えにくい食品」ですが、それらには保存料などが含まれているため、それはそれで体に悪そうです。

「カビが生えるような食品は安全」とおっしゃる人までいて、複雑な思いがします…。

カビの発生には、「酸素がある・温度が高い・湿度が高い・水分がある・栄養分がある」などの環境が必要になるため、カビの発生を防ぐには密閉容器に入れたり、冷蔵庫にしまったりする方法が考えられます。

ただし、なんでも冷蔵庫に入れれば大丈夫ということでもなく、冷蔵庫に入れることで霜がついて、それでカビることもあるようです。

食品に生えたカビは、“カビ毒”を作り出し、食中毒を起こすもとになります。子供や高齢者などの免疫力が低下している人にとっては危険です。

カビの生えやすい季節には、食品はできるだけ少量購入し、早めに食べきることでしょう。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る