定年生活.com トップ» 遊ぶ » 【50代から始める】シリーズ(4) 陶芸

【50代から始める】シリーズ(4) 陶芸

2011/11/7 

定年後の生活|陶芸陶芸は、シニアに人気の高い趣味の一つです。

湯呑み茶碗を作ってお茶を飲んだり、皿を作って料理を盛ったりと、趣味と実益を兼ねることのできるのが人気のある理由でしょう。

また、腕を磨いて老後は陶芸教室を開き、生徒を募集して陶器づくりの楽しさを教える、などということも夢ではありません。

一から陶芸を始めるという方は、設備の整っている陶芸教室やカルチャースクールなどに通われるとよいと思います。

◆陶芸初心者は手びねり◆

陶芸初心者は、「手びねり」から始めます。

これは、粘土遊びのようなものですが、意外と粘土をこねるのに力がいるといいますか、コツをつかむ必要があります。コツをつかむまでは、ちょうどいい硬さになる頃には汗だくだったりします。

「菊練り」と呼ばれる手法でグリングリンと回すように粘土をこねて、ちょうどいい状態になったら、作りたい物の形を作ります。

単純そうに見えて粘土をこねる段階で手を抜くと、空気の入ったところからヒビが入って、焼きあがった後に、入れた水が漏れたりするので注意が必要です。

練った粘土をヒモ状にして、手回しろくろの上で、クルクルと巻いてゆきます。皿なら平たくなるように巻き、どんぶりなら上に重ねるようにして巻きます。
シニア|陶芸
ろくろを回しながら、時折水をつけて形にしてゆきましょう。いびつになった部分は、陶芸用の小道具で削って形を整えます。小道具は、使用頻度の高そうなものがセットになって売られています。

◆電動ろくろの使い方◆

手びねりの次は、電動ろくろを使って作ります。手びねりのあたたかみのある素朴さもいいですが、本格的な作品を作るときには、やはり電動ろくろを使ったほうが完成度の高いものに仕上がります。

これは、『電動ろくろ・らくらく2号』です。手回しろくろにもなりますし、絵付けするときにも利用できます。
陶芸|ろくろ
この電動ろくろを使用するときのポイントですが、粘土が厚い部分は力を入れ、薄い部分で力を抜くことです。電動ろくろを回して、粘土を上方に引き上げますが、このときに力が入り過ぎると形がゆがみます。

均等の薄さに成形するのは難しいので、最初はぶ厚くなっても見苦しくない、どんぶりやコーヒーカップづくりがおすすめです。

形ができあがったら乾燥させて、素焼きをします。

◆絵を入れましょう!◆

素焼きに絵とか模様を描いて、釉薬(ゆやく)をかけます。絵を描くことが好きな人なら、もっとも楽しい時間ではないでしょうか。

ただし、できあがるとわかりますが、下絵の段階できちんと描けていても、焼きあがった後に意味不明の図形になっていることがあります……。

また、粘土の種類により釉薬の色が変わりますので、いろいろ試してみてください。

イラストなどを描くのが得意な人は、陶芸を学ぶと、平面に描くのとはまた違った魅力が出せると思います。

◆自宅で陶芸を◆

マイコン付小型陶芸電気窯『Petit(プティ)』は、自宅で手軽に利用できるコンパクトな窯です。
陶芸|自宅用の窯
約1250℃で焼きあげます。マイコンによる自動焼成で、素焼き、本焼き、上絵などに必要なプログラムを搭載しており、3つのボタンを押すだけのシンプル設定です。

ただ、初心者には簡単に使えていいですが、細かい設定ができない分、上級者には物足りないかもしれません。しかし、価格が15万円程度なので、家庭用の窯としてはお手頃価格なのではないかと思います。

◆陶芸作家の作品展◆

釉薬をかけて、本焼きしたら「完成」です。素焼きから本焼きまで、最短で一週間ほどかかります。

ところで、作品づくりの参考になるのが、陶芸作家の作品です。
多くの人の作品を見ると、「こんな焼き方があるのか!」とか、「キレイな色だなぁ」などと感性を揺さぶられることでしょう。

有名陶芸作家の作品を鑑賞しに、美術館や個展などに出かけてみるのもいいですね。
シニアの楽しみ|陶芸
陶芸教室やカルチャースクールなどで基礎を学んだら、いろいろと用具を買い揃えて、花瓶や置物などの身の回りの小物を制作していかれると楽しいでしょう。

たとえば、こういったメッセージ入りの手作りの湯呑み茶碗を、父の日やお誕生日のプレゼントとして贈ったら喜ばれると思います。
陶芸|プレゼント
また、仕上がった作品をインターネットのオークションに出品すれば、高値がつくかもしれません。

そのほかには、陶芸ショップに作品を置いてもらえるように交渉したり、「個展を開いてみようか」などと、陶芸を始めると夢がふくらみます。

【50代から始める】シリーズへ

(1)ダーツ / (2)英会話 / (3)フットサル / (4)陶芸  / (5)俳句 / (6)マジック / (7)カラオケ / (8)マラソン / (9)登山 / (10)ガーデニング

(11)サイクリング / (12)ペーパークラフト /  (13)熱帯魚 / (14)盆栽 / (15)鉄道 / (16)作曲  / (17)水彩画

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る