定年生活.com トップ» 結婚 » 男と女の相談室(11) ~シニアの悩みQ&A~     高橋るーと。

男と女の相談室(11) ~シニアの悩みQ&A~     高橋るーと。

2012/7/18 

みなさんこんにちは。そろそろ夏も本番ですね! お身体に気をつけてお過ごしくださいませ。では、早速ご質問にお答えしたいと思います。
シニアの悩み相談

昼は女王様、夜は・・・

Q.50代既婚男性。
5年ほど前から40代の独身女性と不倫しています。
私は少しS系で、抱きながら首を絞めたり、噛み付いたりするのですが、彼女は目を潤ませて堪えています。
しつこく頬を叩きながら、お前のような淫乱は嫌いだとか、過去に抱かれた男の名前を言ってみろとか苛めても、すすり泣きしながら「許して」としがみついてきます。
日頃は非常に活発で自己主張が強い女王様タイプですが、ベッドではなぜか奴隷のように従順になるのです。
別に悩んでいる訳ではないのですが、彼女の昼と夜の差が実に不思議です。

シニアの恋愛
A.この質問を拝見して直ぐに、映画にもなった渡辺純一氏の長編小説「愛の流刑地」が頭に浮かびました。
道ならぬ恋に落ちた女性が、「夫に抱かれるくらいなら愛する男性と死んでしまいたい」と思うほど深みに嵌り、行為の最中「首を絞めて私を殺して」と口走るようになる。
痛めつけられるほど愛は深まり過激な行為はどんどんと加速する、そして遂には主人公である男性に愛されながら首を絞められて殺されてしまう・・・そして裁判が始まり(以下省略)と言うお話です。

さて、それはそれとして、彼女の昼と夜の差が不思議とありますが、そうですか? 多くの方が昼と夜で違う顔を持っていると思いますよ。
ただ、しおらしい女性は夜になると豹変するという話を耳にしますが、逆に活発な女性が夜しおらしくなるという話はあまり聞きません。
彼女は後者のタイプのようですから、あまり見ないタイプなので不思議に思えるのでしょうね。

確かに、後者のタイプで私が知っているのは一人だけです。
小さい頃に父親を亡くした女性で、父親の記憶といえば母親にのしかかって苛めているもの、そして母親は父親の腕の中ですすり泣いていたというパターンです。
幼かったので苛めているように見えたのでしょうが、父親が暴力的なセックスをするのを見てしまったのですね。

もしかしたら彼女にも特異な幼児体験があり、無意識に本質を隠しながら、実はすごく無理をしてきたのでしょうね。
そして、あなたとの出会いがきっかけになって、彼女の隠されていたM的要素が急にクローズアップされてしまったということでしょう。
自分の隠されていた一面に驚き、否定しながら、抗えない自分に悩んでいるのかも知れません。

まあ、推理はこれくらいで・・・。でも、主人公のようにならないよう、充分お気を付け下さいませ。
興奮状態での行為ですので、一歩間違えたら・・・と思うとやはり怖いです。

続いては・・・

シニアのセックス

体が疼いてしまい眠れない夜も

Q.40代既婚女性。
結婚してから20年ほど経ちました。
30代までは夜の生活もあったのですが、5年ほど前から主人が単身赴任して、今は全くありません。たまに出張で帰ってきても疲れているらしく、すぐに寝てしまい、誘うこともできません。体が疼いてしまい、眠れない夜も度々ありますが、○イブや自慰は何となく嫌なのです。
どうしたらいいでしょうか。誰でもいいから抱かれたい、という衝動にかられて困っています。

シニアの恋愛
A.
・単身赴任の旦那さまは疲れているので誘えない
・身体は疼くけれど自慰は嫌
・誰でも良いから抱かれたい
まとめてみると、ずいぶん困ったお悩みですね!

そうですね、旦那さまはさぞやお疲れでしょう。一人赴任先でお仕事をして、その上ご自分で身の周りの事もやっているのですから、たまに家に帰った時くらいはゆっくり眠りたいのでしょうね。
それだけが原因だとすると、ちょっとお相手願うのはお気の毒な気がしますが、他に原因がないとも限りません。
愛妻恋しさに、家に飛んで帰るご主人さまが世の中には大勢いらっしゃいます。それを思うとやはり「疲れているだけ」ではないように思えてきます。
長い単身赴任生活で夫婦間にズレが生じてきている可能性も考えられますね。

誰でも良いから抱かれたい、というお話でしたが、これを実行に移すのは意外と簡単な事かもしれませんが、この先後悔する事もなく、100%楽しめるものでしょうか。

そこでひとつ提案なのですが、出張で帰ってくる旦那さまを待っているだけではなく、あなたから赴任先に出向いてみては如何でしょう。
夜の生活を目的にするのではありません。
先ずお部屋を掃除して、お洗濯をして、ごはんを作って、二人で食事をする、お風呂に入り背中を流してあげる。
遠くまで足を運び短い間だけでもお世話する、それだけでお二人の距離が縮まるような気がしませんか?
単身赴任生活は、離れている分、より多くのコミュニケーションが必要なのだと思います。先ず心を寄せ合う事から再スタートしてみては如何でしょう。ここをクリア出来れば身体はたぶん後からついて来ますよ。

でも、もしあなたが赴任先に出向いてくる事を旦那さまが嫌がるようでしたら、原因はもうひとつ隠れたところにある、と云う事になるでしょうね。

また、楽しい暮らしが戻って来るといいですね。

シニアの恋

今回はこの辺で。
ご質問ありがとうございました。

高橋 るーと。

<関連記事のご紹介>

男と女の相談室~シニアの悩みQ&A~
第1回 思いやりに欠ける男性 / 困った癖がついた女性
第2回 下半身が弱くなった男性 / 自慰にふける男性 / 10年不倫の女性
第3回 妻が応じてくれない男性 / セックスが苦痛の女性
第4回 ドラム缶のような妻が / 後ろがクセになってしまい
第5回 彼女の反応が不思議 / 夜の生活が戻ったのですが

第6回 なかなか終わってくれません / 元カレから連絡が
第7回 肝心な時にマツコの顔が / L字型で責められると
第8回 女社長に奉仕させられて / 女同士に目覚めてしまい
第9回 妻の不倫疑惑に悩む男性 / 息子の友人と深い関係に
第10回 娘たちが再婚に大反対 / 殺したいほど息子の結婚相手が憎い

第11回 昼は女王様、夜は・・・ / 体が疼いてしまい眠れない夜も
第12回 嫉妬深い妻 / 仲良く腰痛持ちに
第13回 ラブホに行ったことがない男性 / 素敵な社長からプロポーズ・・・でも
第14回 結婚したいが相手は処女 / 浮気を続けたい・・・ひどい女でしょうか
第15回 娘の相手は私と同い年 / セックス上手の彼氏が浮気

第16回 困った女・・・昔の男の影が / 悪い女・・・自分の浮気で夫が不能に
第17回 ハゲ・チビ・デブ vs 未婚の母 / 彼氏が淡白になってしまい・・・

シニアになっても恋をしよう!!
(1)アプローチ編 / (2)メール編 / (3)恋の化学編

シニアの夫婦生活
シニアの夫婦生活 PartⅠ / シニアの夫婦生活 PartⅡ /
シニアの夫婦生活 PartⅢ

結婚に関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る