定年生活.com トップ» 遊ぶ » 【懐かしの名作映画】 宇宙家族ロビンソン

【懐かしの名作映画】 宇宙家族ロビンソン

2013/1/21  川喜多夫 さん

シニア|フライデー
子供の頃に大好きでよく見ていた、アメリカのテレビシリーズ『宇宙家族ロビンソン』。1960年代にテレビ放送されています。

初の宇宙移民として、アルファ・ケンタウリのアルファ・セントリー星を目指して飛び立ったロビンソン一家が、宇宙船にスパイのドクター・スミスが紛れ込んでいたことから、宇宙の迷子となってしまうというSFです。

家族構成は、ロビンソン博士、お母さんのモリーン、長女のジュディ、次女のペニー、末っ子のウィルの5人家族。これに、宇宙船パイロットのダン少佐が加わっています。

話の見所は、未知の惑星で毎回、不思議な生物や怪しい宇宙人と遭遇するというところです。

さらに、アルファ・セントリー星を目指そうとするロビンソン一家に対して、地球に戻りたいドクター・スミスは進路をことごとく妨害します。

ロビンソン一家はごく普通の良識のある人達ですが、面白かったのはドクター・スミスのキャラクターで、卑怯というか姑息というか、どうしようもない人物で…。ずる賢く、いつも形勢が有利な方につこうとするんですよね。

ときには、怪しい宇宙人に対してすらコビ売ったりします(笑)。しかし、このドクター・スミスで成り立っているようなドラマでした。とくに、末っ子のウィルとのコンビネーションがバツグンでした。

『宇宙家族ロビンソン』は、1998年に『ロスト・イン・スペース』(スティーヴン・ホプキンス監督)として映画化されています。このタイトルは、原題を採用しています。

設定はまったく同じですが、宇宙船に乗り込むまではバラバラだったロビンソン一家が、宇宙で迷子になることにより、家族としての絆を取り戻すというホームドラマに仕上がっています。

ホプキンス監督版『ロスト・イン・スペース』は子供向けなので、ご家族でご覧になるとよろしいでしょう。

ドクター・スミスの役を演じているのは名脇役のゲイリー・オールドマンで、重要な役柄には変わりありませんが、ドクター・スミス本来の役割を、この映画では活かしきれていないように思えました。

おっと、忘れてはいけないキャラクターがもう一人!

ウィルが作ったロボットのフライデーです。ロビンソン一家に危険が近づくと、「警告!警告!」と叫びながら、両腕をバタバタさせるしぐさがユーモラスでした。このフライデーのおもちゃが、当時たいへん売れていました。

ドクター・スミスとウィル、それにこのフライデーの会話のやりとりが軽妙で楽しみに見ていた、とても懐かしいシリーズです。

【懐かしの名作劇場】
古畑任三郎 / 刑事コロンボ / 0011ナポレオンソロ / 逃亡者 / 奥様は魔女 / 宇宙家族ロビンソン / カサブランカ / サイコ / ターミネーター / ガメラ / 酔拳 / Mr.ビーン / ダーティハリー / マルサの女 / 相棒 / エイリアン / エデンの東 / 踊る大捜査線 / 釣りバカ日誌 / 家政婦は見た! / ローマの休日 / 風と共に去りぬ / ラベンダーの咲く庭で・晩秋 / 猿の惑星 / 十二人の怒れる男 / 砂の器

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る