定年生活.com トップ» 遊ぶ » 【懐かしの名作映画】 奥様は魔女

【懐かしの名作映画】 奥様は魔女

2013/3/11  川喜多夫 さん

定年後の生活|映画
「奥様の名前はサマンサ、そして、だんな様の名前はダーリン。ごく普通の二人はごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただ一つ違っていたのは、奥様は魔女だったのです」というナレーションではじまる『奥様は魔女』。

『奥様は魔女』は、1964年から1972年にかけてアメリカのABCで、全254話が放送されました。

広告代理店に勤めるダーリン・スティーブンスが結婚した相手が魔女、という設定ですが、魔女は怖いというイメージが、主演のエリザベス・モンゴメリーの起用によって変わりました。

ダーリン役が、ディック・ヨーク (1964~1969年)から、ディック・サージェント (1969~1972)へと変わっています。交替した理由は、ディック・ヨークの病気のようですが、それにしてもよく似た二人です。あまり違和感ありませんでした。

サマンサの結婚に反対する母親のエンドラ(魔女)をはじめとして、父親のモーリス(魔法使い)、親戚のアーサーおじさんやクララおばさんなど、変わった親戚が訪れて次々と騒動を起こします。

嫁・姑戦争ではなく、夫のダーリンとお母さんのエンドラの仲が悪く、「下等動物」と呼ばれてさんざんな扱いを受けます。魔法でロバやヒキガエルに変えられたり、体を小さくされたりと、この魔法が傑作でした!

また、お年のせいで魔法を正確に使いこなすことのできない、おちゃめな感じのクララおばさんが面白かったです。

性格は反対だけど、サマンサそっくりの従姉妹(2役)セリーナも現れて、スティーブンス一家をかき回します。

続編には、サマンサとダーリンの娘のタバサちゃんが生まれています。お鼻をピクピクと動かして魔法を使うところはママゆずり。

さらに数年後、タバサちゃんに弟のアダム君ができて、タバサちゃんが反抗期になるなどのカワイイエピソードがありました。

2005年にノーラ・エフロン監督が、ニコール・キッドマン主演で『奥様は魔女』という映画を製作していますが、元祖『奥様は魔女』の設定だけ取った別物の映画です。

『奥様は魔女』は、魔法使いの一族が面白いばかりじゃなく、ダーリンの上司やお節介な隣人などの個性的なキャラクターが揃った、実にユニークなホームコメディでした。

【懐かしの名作劇場】
古畑任三郎 / 刑事コロンボ / 0011ナポレオンソロ / 逃亡者 / 奥様は魔女 / 宇宙家族ロビンソン / カサブランカ / サイコ / ターミネーター / ガメラ / 酔拳 / Mr.ビーン / ダーティハリー / マルサの女 / 相棒 / エイリアン / エデンの東 / 踊る大捜査線 / 釣りバカ日誌 / 家政婦は見た! / ローマの休日 / 風と共に去りぬ / ラベンダーの咲く庭で・晩秋 / 猿の惑星 / 十二人の怒れる男 / 砂の器

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る