定年生活.com トップ» 遊ぶ » 定年後の「居場所」作り

定年後の「居場所」作り

2012/5/17  あんち黄昏 さん

定年後の生活|釣り定年後の生活で何が困るかと言えば、居場所がない、ということだ。

「濡れ落ち葉」という言葉もあるほどに、定年後の男が家の中にずっといるのは邪魔者扱いされる。我が家も例外ではなく、うちは別に夫婦仲が悪いわけではないが、妻も私がずっと家にいることに、ストレスを感じているようだ。
あと、私がずっと家にいると、自分だけ趣味の活動であちこち出かけるのは気がひける、という遠慮もあるらしい。

そんなわけで、濡れ落ち葉脱出を目指して、私もとにかく「家以外の居場所」を探そうと思った。しかし、近所の公民館でやっているナントカの会、というのはたいてい女性が多く、そこに私が入るのはとても気後れしそうだ。

その中でも男性が多そうなものを何とか探してみると、一応囲碁の会があったのだが、あいにく私は囲碁は趣味ではない。

男が定年を迎えると、たかが自分の居場所を探すのすら難しいのか、と愕然とした。そしてそれまで、不満を抱えつつもずっと続けていた仕事というものが、どれだけ自分の居場所を作ってくれていたのか、ということも痛感した。

やはり、「男は働いてナンボ」だったのだなと。

とはいえ、このまま濡れ落ち葉でずっと余生を過ごしたいとも思わない。そこで思ったのが、「居場所がないなら自分で作ってやろう」ということだ。

まず始めたことは、朝夕の散歩だ。同じように散歩をしている人などとちょくちょく会うようになり、会うたびに挨拶を交わしているうちに、そのうち会話もするようになった。そこで、さりげなく趣味の話などを持ちかけて、共通の趣味の者同士で楽しめないか、というのが、私の作戦である。

そうしたら、将棋・麻雀・園芸・ゲートボールなど、見事に趣味がばらばらだ。中には「パソコンを自作するのが趣味」など、私には到底真似のできない趣味を持つ人もいたし、無趣味の人もいた。

その中でようやく見つけたのが「釣り仲間」だ。私は釣りは結構好きで、昔はよく行っていた。「そういやここしばらくは釣りにも行ってないな、また行きたいものですね」とこぼしたら、さっそくその散歩仲間が誘ってくれた。

久しぶりすぎるほど久しぶりの釣り、道具も古すぎるものばかりなので新たに買い足した。そして実際に釣りに出てみると、これがなんと勘の鈍っていることか!思うように釣れず、むきになるばかりだ。

意気込んだ割には、釣果は大したものではなかった。しかし、久しぶりに「何かに夢中になる」という体験ができて、私には大きな満足感が残った。「とても楽しかった、誘ってくれてありがとう」と、心からお礼が言えた充実した一日だった。

その後、釣りに誘ってくれた人と相談して、「もっと多くの釣り仲間を作ってみよう」ということになった。話の中で「釣り好き」ということが分かれば、積極的に誘ってみようというわけだ。

私のように定年後の居場所がない人は、きっと他にもいるだろう。そんな人たちとともに楽しみ、どんどん新たな居場所を作っていけるようになりたい。この釣りがきっかけで、最近はそう前向きに考えられるようになってきた。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊びに関する特集・投稿リストへ

 

トップページに戻る