定年生活.com トップ» 暮らす » 定年後の生活・・・シニアの群像(3)楽しい田舎暮らし

定年後の生活・・・シニアの群像(3)楽しい田舎暮らし

2012/10/29 

充実した暮らしを満喫

定年後は田舎暮らし

定年後は好きなことをしたい

Kさん、63歳。長年、国立市にお住まいでしたが、60歳の定年と同時に、ご夫婦で、栗駒山のふもとの宮城県栗原市に引越しました。

といっても、国立市のお住まいには、娘さんご夫婦が住んでおり、ご本人も、時折、国立市のご自宅? に帰っていらっしゃるそうです。

Kさんは、私立大学の法学部を出られ、市役所に就職、地方公務員として37年間を無事、勤め上げました。

もともと頭が切れ、弁の立つ人で、周りからも将来を嘱望されていました。
しかし、頭が切れすぎるのが、逆に災いして、上司とも意見が合わず、トラブルを生じたことも、二度三度といいます。

自分の意見を強く主張することもあって、人事異動の時には、不本意なセクションに回されたこともあったようです。

そうしたことから、同期の人が課長などの管理職に昇進するのに比べ、ご本人は、係長どまりでした。

50歳前後から、役所での自分の限界を感じ始め、定年後には、できるだけ自由に、好きなことをやって暮らしたいと思うようになりました。

準備は周到に・・・何度も土地探し

定年後の生活|農業
ご本人はもともと、地方のご出身で、ご両親も農業をやっていた関係で、いずれ将来は田舎暮らしをしたいという願望があったようです。

そのため、定年を間近にして、田舎暮らしのための土地探しを始めました。

住宅ではなく、土地を探したというのも、自分の設計で、好みの家を建てたかったから、といいます。

場所も、ご夫婦で何度も探しに出かけたそうです。そして見つけたのが、現在の場所です。
新幹線で東京からそれほど時間がかからず、最近は、車で行き来することも度々です。

現役時代は、別荘のような感覚で、週末には栗原市に行っていましたが、定年後、一人娘が結婚し、夫婦で国立市の自宅に住むことになったため、ご本人は、栗原市に移ったというわけです。

充実した暮らし・・・背景には資金力も

奥さんも同じ地方公務員として長年勤務し、今は、二人とも現役を退き、田舎の自宅で悠々自適という暮らしです。

趣味は多彩で、魚釣り、野菜づくり、料理など、一人で何でもこなすようです。
空気もきれいで、四季折々の自然の移り変わりが、心を和ませてくれます。

夏には、蛍の飛び交う姿もみられ、田舎暮らしの良さを満喫していると言います。
定年後の生活|優雅な暮らし
最近は、東日本大震災の被災地に、ボランティア活動に出かけたり、ボランティアの人たちのために、自宅を宿泊所として開放したり、現役時代より忙しいくらいだそうです。

現役時代から、定年後を考え、田舎暮らしの人生設計を考えたというKさん、その計画性に頭が下がると同時に、ご夫婦で公務員を勤め上げ、こつこつと貯めた、その資金力も無視できないようです。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ

 

トップページに戻る