新しい味

2012/5/20  米粉幸子 さん

米粉パンいつの時代にも新しい食べもの、というがあります。
ブームではなく、「今までになかった新しい」食べものという意味で。

私の小さい頃にはキウイという果物はありませんでした。キウイとキューリが区別できなかった小学校低学年のころ。グリーンの、種がつぶつぶした見たこともない果物は今では一般的な果物になり、最近では黄色いゴールド種のものが主流になっています。
ナタデココもそうでしょう。いっときのブームは去りましたが、ナタデココ入りxxというような食品はすっかり定着しました。

私が最近こんなものがあるのかと感心した食べもののひとつに「米粉パン」があります。
これは何も今に始まった食品ではありませんが、最近の米粉パンは劇的な味です。

私が言うのはよく市販されている「米粉入り」パンではなく、「100%米粉」パン(小麦ゼロ)というものですが、そのおいしさといったら紹介せずにはいられません!

パンといえば小麦粉食品の代表であって、米とは長年対立関係に位置づけられていました。
うどんは食事だけどパンはおやつ、というよくわからない理屈で、朝食にパンを食べることをお姑さんから許してもらえないというお嫁さんも知っています。
パンもうどんも小麦の加工状態が変わっただけなんですけどね・・・。
そんなことをいったら米粉100%のパンというのはご飯なのパンなのか理解に苦しまなくてはなりません。

さて、私がほれ込んだ米粉パンは、個人配達で利用している生協で購入しました。
パンのメーカーは米どころ新潟県にある某T会社。
パンの形状は食パンの小型タイプでスライスされておらず、まるごと冷凍で届きました。
常温数時間で解凍し、厚めに切ってトースターで焼いて食べました。

ふつうのパンとどう違うかといいますと、まずその「密度」。
ふわふわという形容は当てはまりません。みっしりしていて、重みがあります。
そのせいか、食べたあとの腹持ちがすごくいい。食べた感があるので、間食防止にもなります。
そして食感がまたパンとはかなり違います。すごくモチモチしているのです。ムッチリといいましょうか。
焼いた表面はカリッとしていますが、中身はもっちり。そのもっちりぐあいは、あのベーグルの食感とはずいぶん違います。
その味も独特で、お米のもつほんのり甘い風味。
私はチーズが好きなので、シュレッドチーズを乗せて焼いて食べたのですが、米粉の甘さとチーズの塩っぽさで絶妙なおいしさ。
甘党の子どもたちはメープルシロップをかけていましたが、おいしいと大喜びでした。
次の日、和風テイストはどうかとチーズとちりめんじゃこを乗せてみましたが、それもグッド。

米の消費量が年々減少し、今の若い人たちはスナック菓子は食べてもおせんべいは敬遠しがち。
お米の加工品のひとつとして、米粉パンはイチオシだと感じました。
未体験の方はぜひお試しあれ。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る