定年生活.com トップ» 遊ぶ » 「お一人様の老後」を考える

「お一人様の老後」を考える

2012/5/23  前向き人生 さん

シニアライフ
妻に先立たれてもうすぐ20年たつ。
そして、私たち夫婦には子もいなかった。
妻が亡くなる前に「もしいい人がいたら再婚していいから」とは言ってくれたものの、そんな出会いもなく、ここまで来てしまった。

そう、つまり私は、今で言うところの「お一人様」という状態だ。
もちろん、お一人様の状態は今に始まったことではない、再婚をしなければずっとお一人様だということは、理屈では分かっていたはずなのだ。

しかし、ここ数年やはり体力的に「老い」を感じることも多くなり、これからの老後を本当にお一人様で過ごさなければいけないのか、という事実を改めて直視した時には、何とも陰鬱な気分になった。「寂しい」という気分が、私の心に大きくのしかかってくる日々が続いた。

だが、今の私は案外「お一人様の老後」を満喫している。
少し前の話だが、ちょっとした転機があったのだ。それは、代わり映えのしない日常生活の中で、何気なくつけていたローカルテレビの番組だった。

そこに出てきたのは、私と同じく、家族に先立たれて「お一人様の老後」を過ごしている男性。しかも私よりも年上だ。

しかし、その顔は生き生きとしていたのが、私にとっては新鮮だった。どうして連れ合いもいない寂しい人生で、そんなに生き生き出来るのか。番組を見ているうちに、その理由が分かってきた。

その男性は、物事を前向きに考えられる性格の持ち主なのだ。怪我をしても「怪我をしてしまった」と落ち込むのではなく「この程度で済んだから運がよかった」と考え、お一人様の老後生活を送ることに関しても、「寂しい」と思うのではなく「とにかく自由なので好きなことをやっています」という考えをするのだ。

そういえば、私だって自由だ。そして、若い時ほど活発には動き回れないものの、まだまだ病院のお世話になるほどでもない、そこそこ健康な体がある。
それなのに何だ、自宅からほとんど動きもせず、楽しむこともせず。落ち込む気分になるのも当然ではないか、と、今さらながら自分に呆れてしまった。

とはいえ、今まで「動かないお一人様生活」を続けてきた私は、いきなり何をやっていいのか分からない。そこで、その番組に出ていた男性の行動を参考にさせてもらった。手軽なところで真似できそうなのは、映画鑑賞だ。

最寄の映画館では、シルバーサービスデーというがあったので、その日に行かせてもらった。すると、もちろん夫婦連れの人も多いが、私と同じく一人で来ている高齢者も結構多かったのだ。「何だ、意外と仲間は多いではないか」とホッとすると同時に、私の中で心の中の「つかえ」のようなものが、すとんと落ちた気がした。

「一人でも老後を楽しんでいる人はたくさん居るというのに、これは私もつまらない老後など送っていられないぞ」と、ますます前向きな気分になれたのだ。テレビ番組ひとつがきっかけで、何とまあ単純なことだと我ながら思うが、結果としては、あの時テレビをつけていて良かったと思っている。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊びに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る