定年生活.com トップ» 暮らす » 「イクジイ」による孫育て

「イクジイ」による孫育て

2012/6/11  ジイジバアバ さん

定年後|孫との生活
育児に参加する男性を「イクメン」といいますが、孫を育てるおじいさんは「イクジイ」と呼ばれるようです。

イクメンを支援しているNPO法人ファザーリング・ジャパンが、「イクジイプロジェクト」を開催しています。

よく考えると、中高年の男性に子供はいても、仕事で忙しく、子育ては妻任せだったという人が多いのではないでしょうか?

いつの間にか子供は高校生、大学生とあっという間に育ち、顔を合わせても挨拶する程度といった、お父さんと子供は浅い関係になりがちです。

お母さんに比べると、お父さんはほとんど子育てをスルーして過ごしてきてしまっています。

突然「孫を育てたい!」と言い出すおじいさんをお嫁さんがどう思うか・・・ということはさておき、孫育てはとても楽しいように思います。

私は父に遊んでもらった記憶がほとんどありませんが、父は孫をすごく可愛がっています。あんなに子煩悩な人だったとは、孫ができるまでまったく知りませんでした。

一般的に、祖父母は孫を甘やかすなどといわれますが(その結果、お母さんやお父さんの言うことを聞かなくなる)、忙しいお母さんやお父さんと違って、余裕を持った子育てができるのではないでしょうか?

孫はカワイイでしょうけど、孫の言うことをなんでも右から左へ聞いてしまうような、おじいちゃんおばあちゃんばかりではないでしょう。悪いことは悪いと教えるしつけだって行うはずです。

ファザーリング・ジャパンの「イクジイプロジェクト」に話を戻しますが、「イクジイプロジェクト」では、イクジイになるための各種研修セミナーを行っています。

こういったものに参加すると、ほかの参加者からの刺激を受けて、どんどんやることが増えてゆきそうです。

だからといって、家事や育児の経験のない人がいきなり孫育てするのは難しいでしょうが、その気になれば勉強する手段はあります。

たとえば、祖父母の孫育てを応援する雑誌『孫の力』(木楽舎刊)は、おじいちゃんおばあちゃんが充実して過ごすことのできる、様々なライフスタイルを提案しています。

ちょっと大きな本屋さんに行くと、こういった中高年向けの面白そうな雑誌がたくさん置いてあります。

高齢化社会で、老後の生活への多くの提案がなされています。定年退職後にヒマを持て余して困る・・・などとおっしゃるシニアは知らないだけだと思います。

長い年月をかけてつちかってきたノウハウを、次世代を育てるために利用しないのはもったいない話です。

「イクジイ生活」を始めてみるのも、なかなか楽しそうですよ。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る