定年生活.com トップ» 暮らす » グループホームの見学

グループホームの見学

2012/8/20  頼子 さん

老後|グループホーム
今年に入ってから、一人暮らしの母に初期の認知症らしき症状が出てきました。
これまで訪問介護とデイサービスおよび、月に数回の私の訪問とで何とかやってきたのですが、日付ごとにきちんと袋分けを薬を飲みすぎてしまうこともあったりと、自宅での一人暮らしをさせることに限界を感じつつありました。

かといって、電車で2時間以上かかる我が家に母を引き取ろうと考えても、夫や子どもに多大な迷惑をかけてしまうことが心配なのはもちろんのこと、何より母が地元を離れることを望みません。

そこで考えたのが、地元のグループホームへの入居です。
幸いにも母の家から徒歩十数分という場所にグループホームがあり、なおかつ、つい最近空き部屋が出たということで、さっそく問い合わせをして、母とともに見学に行く事となりました。

恥ずかしながら、私は普通の有料老人ホームとグループホームがどう違うのかということさえあまり知らない状態でありながら、「近いから」というだけで見学を決めたのですが、実際に見学をしてみると、グループホームは予想以上に、母を安心して預けられそうな場だと実感することができました。

まず、有料老人ホームでは、基本的には入居者は「一方的に介護を受ける」という形で、たとえば料理の手伝いなどは一切させてもらえないそうですが、グループホームの場合は「入居者もできる範囲でいろいろ手伝う」というスタイルをとっているようです。そうして日常生活に刺激があったほうが、認知症の進行や身体機能の低下を遅らせる効果が期待できるのだとか。母は認知症状が出始めているというものの、身体機能はまだまだ元気ですから、こうしたスタイルはありがたいと思いました。

また、時にはスタッフが外食等に同行してくれる、というのも母にとっては嬉しいポイントでした。グループホームからほど近いところに、いくつかの飲食店もありますし、そうしたところに時々連れて行ってもらえるのは、いい刺激になりそうです。

見学中もホーム長の方が、入居者をしっかりと見守っているのも伝わってきましたし、認知症の入居者ばかりであるにもかかわらず、施設内が清潔に保たれていたのも良かったです。そして何より、見学の際に入居者の方々と会釈をしましたが、皆穏やかそうな笑顔を返してくれたのが印象的でした。

もちろんグループホームにデメリットがないわけではなく、たとえば有料老人ホームのような、「何もかもに行き届いた手厚い介護と看護」は期待できないかもしれません。ですが、小規模施設だからこそのアットホームさがあったほうが、母の性格には向いていると思えました。

母も見学後は「ここならやっていけそう」と思ったようで、来週の体験入居を楽しみにしているようです。母自身、最近の自宅生活では認知症状が出た自分に若干戸惑っていたところがあるように感じられましたが、このグループホームでなら、安心することができるのではないかと思います。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る