定年生活.com トップ» 結婚 » 定年予想図

定年予想図

2012/8/28  馬骨鹿角 さん

定年後の生活
2か月ほど前、主人から「これから定年後の練習をしていくつもりなのでヨロシク!」と言われました。
定年後と言っても15年も先の話しなので、何を言っているんだろう? ヨロシクって何よ? と思いましたが、時々突拍子もない事を言っては直ぐに飽きる、という子供のような人なので、またいつもの事と思い聞き流していました。

主人の言う「定年後の練習」とは、家事への参入の事でした。
女性のみなさんには解って頂けるかと思うのですが、とーーっても迷惑な話です。
「今日は1人で買い物に行って来まーす!」と言っては家計の事も考えずに好きな物を好きなだけ買い込んで帰って来ます。
「こんな買い物をしていたら食費が1週間でなくなる!」
私がそう言った途端に、しょんぼりとして部屋の隅で独り膝を抱えるのです。
厄介な事に、家の主人はいい年をして「褒められたい坊や」そのもの。一人で買い物に行った事を褒めて欲しかったのです。

心の中では「バカ!」と思いつつ、「でも、初めてにしては上出来、良く出来ました~」と言うと、たちまち機嫌が直ります。
ハッキリ言ってとても面倒臭い人です。

何処で何を見聞きしたのか、今度は「今日は箪笥の中を整理しまーす!」と言い出し、きれいに畳んで仕舞われている箪笥の中身をひっくり返して、畳み直し始めるのです。
聞くと「収納のプロがこうやっていたのをTVで見た」のだそうです。
これまた女性には解る、いえ女性にしか解らないかもしれませんが、服の畳み方と洗濯物の干し方には流派があります。(よね?)
いくら時間をかけてキレイに畳んでくれても、自分の流派と違う物が箪笥にビッシリと入っているのですから、気持ち悪さがハンパないのです。
「キレイになったね~」と、一応褒めておきましたが、悪いと思いつつ翌日全て畳み直しました。

『もう、何もしないでくれ~』
私の願いも虚しく、次の休みには「今日はフライパンを磨きまーす!」と言い出しました。フライパンを磨いてくれる? それは、嬉しい! やってやって、ついでにお鍋も磨いて!
しかし、喜んだのも束の間。
主人はフライパンの半分を磨いたところで「疲れた、続きはまた来週~!」と放り出してしまったのです。
主人が、また来週この続きをやる可能性はゼロ以下です。
フライパンの裏側半分がピッカピカに輝いていて、もう半分は焦げ付いたまま。
これなら全部焦げていた方がまだ良かった。
「ありがとう、半分キレイになったね」と力なく言い、次の日残りの半分を汗だくになって磨きあげました。

段々主人のやる事がウザクなってきたので「定年は結構先の事だから練習はまだしなくていいんじゃない?」と提案してみたのですが、何十年もかけて作って来た「妻の流儀だらけの暮らし」に参入するには時間が掛かるので早めの対策が必要なのだ、と言うのです。
そうなのです。本当に主人が言うように家の中には私だけの流儀が充満しているのです。テーブル布巾ひとつとっても、畳み方を変えられたくありません。
定年後、ふたりで暮らしていくにあたり「何もしないでいる」若しくは「一緒に何でもやる」かを考えた時に後者を選択した主人は、お互いに相当な練習が必要だと思ったそうなのです。

「凄ーい! 意外と考えてるじゃん!」
テヘヘ、と笑った主人でしたが、私もこの時ばかりは本気で褒めました。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

結婚に関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る