定年生活.com トップ» 暮らす » 一生ものを少しずつ

一生ものを少しずつ

2012/10/4  ささやかな贅沢 さん

定年後の生活
定年退職後の生活というのは、基本的には「一生の中で、夫婦がともに過ごす時間がもっとも長い状態」だと思います。
我が家は幸い夫婦仲がいいので、いわゆる「濡れ落ち葉」などといった言葉は無縁ですが、どうせ2人でゆっくりとした老後を過ごすのなら、一緒に居る空間そのものをもっと快適にしてみよう、と考えました。

そこで始めたのが、「年金が入るたびに雑貨や食器などを、ひとつずつ、あるいはひと組ずつ、職人手作りの「一生ものの逸品」に替えていく、ということです。我が家にはたくさんの物がありますが、どれもこれも安物ばかり。せっかく家に長時間いるというのに、安物ばかりに囲まれた生活をするのはちょっとわびしい気がしてきたのです。

年金からさらに貯金をしようと欲張りさえしなければ、数万円程度の剰余は出るので、その年金の剰余分で「一生ものを買って、毎回使いきっていこう」と思ったのです。いざという時の貯金はこれまでの積み立てと退職金があれば何とかなりそうなので、そこからさらに年金で貯める必要もないのでは、と考えました。

「一生もの」の購入は、まずは夫婦茶碗や湯呑みなどの食器類から始まりました。そのうち、小物入れや小さな棚や花瓶など、雑貨類なども買うようになってきたのです。

これまで使っていた大量生産・外国産のものについても、実用には十分役立ちましたし、何より安価だったので家計的にも助けられましたが、やはりこうして職人手作りの一生ものを揃え始めると「実用的なだけのものでは物足りない、やはりこうしてひとつひとつに魂がこもっているものがいい」と思えるようになりました。

気の持ちようだとは思いますが、これまでと同じお茶を入れても、職人手作りの急須と湯呑みを使うと、味がひときわ引き立つような気がするのです。

今回購入した「一生もの」はチリトリでした。素材はトタンという、昔ながらの素朴なものですが、とても丁寧な作りとなっており、地面とチリトリの段差のホコリの溜まりが気になる、というようなこともほとんどありません。それまで使っていたプラスチックのチリトリも悪くなかったのですが、満足度は段違いです。

チリトリを替えただけでかなり掃除が快適になってきたので、次の「一生もの購入」はホウキにしようかと考えています。もちろんホウキは消耗品ですので、たとえ職人の品でも、一生ものにはならないかもしれませんが。

この「一生もの購入」を始めてから3年。我が家はまだまだ職人の品より大量生産品が目立つ状態ですが、いずれは「いいものだけに囲まれる」という生活を実現したいです。いいものを使うと、それだけで心の余裕ができるということを知ってからは、「一生もの」の価格が高いとは思わなくなりました。共働きで会社員時代はあくせくしていただけに、老後はゆったりとやさしい時間を過ごしたいと考えていますので、その目的のためには、なかなかいい方法ではないかなと、夫とともに自画自賛しています(笑)

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る