定年生活.com トップ» 遊ぶ » 初めてのデジタルカメラ

初めてのデジタルカメラ

2012/10/18  カメラ=万年筆 さん

定年後の生活 趣味
これまで旅行の写真や家族写真などの写真撮影といえば、すべて夫に任せていた私。夫は若いころから写真撮影が得意としており、これまで地元の写真展等でも何度か入賞しているほどの腕前。かつてはフィルムタイプの一眼レフカメラを使っていましたが、退職後は最新型のデジタル一眼レフカメラを購入し、それを使いこなしています。

そして私もこの歳になって、初めてデジタルカメラを買いました。夫のような本格的なものではなく、コンパクトなデジタルカメラですが、定年退職後はあちこち出かける事が多くなりましたので、「夫に任せるだけでなく、自分でも思い出を記録していきたい」と思うようになったのです。

最近のデジタルカメラは、手がぶれてもそれを修正してピントを合わせてくれる、と聞いていたので、それなら私にも使えるだろうと思って買ったのですが、少し考えが甘かったようです。いろんな機能がありすぎて、「何をどうしたらきれいに撮れるのか」というのがまったく分からない状態となってしまいました。

それを見かねた夫が、デジタルカメラの分厚い説明書の中から「この操作だけは覚えなさい」というところだけ拡大コピーをして、分かりやすいようにマジックで印をつけてくれました。そして、「この部分の操作だけはしっかり覚えよう」と頑張って、最近ようやく使えるようになってきたのです。

デジタルカメラは、何度撮影を失敗しても、フィルムのように無駄にならないというのがいいですね。こうした利点があるので、私のような初心者でも失敗を恐れず、目にとまったもの、印象に残ったものはどんどん撮るようになりました。

そして先日、偶然にも「大きな白い蛇が天に昇っていくような雲」を見かけたので、すぐさまデジタルカメラで10枚ほど撮影しました。

そのうちの2枚が、かなりはっきりと、「蛇らしい形の雲」をとらえていました。
気の早い話ですが「来年の年賀状に、この写真を入れようか」と思えるほどに、我ながらいい出来だったのが嬉しかったです。

こうしたいい写真を撮れた事がきっかけで、私にも「写真撮影に対する欲」が出てきました。今はまだまだ無理でしょうが、いずれは夫のように、写真展にチャレンジできるような写真を撮れるようになりたい、と思うようになったのです。

その話をすると、夫も、私が写真に強い興味を持った事を喜んでくれ、最近は写真撮影のコツをいろいろと教えてくれるようになりました。調子に乗って、「いつかはあなたよりいい賞を取れるようになるように頑張るわよ」と言ったら、「そうかライバルということか、でもこっちは何十年もやってきてるんだから、そんなに簡単にお前に抜かれるわけにはいかんな」と笑われてしまいましたが。

これからも夫婦で、「ライバル」として写真撮影の腕を上げながら、いい写真をたくさん残していきたいと思います。

関連する特集記事へ

シニアエイジによるデジタルカメラの楽しみ方(1)

シニアエイジによるデジタルカメラの楽しみ方(2)

シニアエイジによるデジタルカメラの楽しみ方(3)

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る