定年生活.com トップ» 食べる » サイフォン式コーヒーメーカーの魅力

サイフォン式コーヒーメーカーの魅力

2012/11/8  一杯のコーヒーから さん

定年後の生活
長年愛用していた、コーヒーメーカーがついに壊れた。
我が家の定年後の夫婦の楽しみのひとつが、二人揃っての昼間のコーヒー・ブレイク・タイムだったのに、コーヒーメーカーが壊れてしまっては大変である。

さっそく、新しいコーヒーメーカーを買おう、ということになったのだが、そのコーヒーメーカーを買いにいく途中でふらっと立ち寄った喫茶店で、懐かしいものを見つけた。

今ではめったに見かけなくなった、サイフォン式のコーヒーメーカーだ。

さっそくお店の人に「ここはサイフォン式なんですね」と聞いてみると、「ええ、私はこのサイフォン式の雰囲気が大好きでして。それにサイフォン式のほうがコーヒーの風味も安定しやすい気がしますからね」と、笑顔で答えられた。

確かに、いただいたコーヒーには、我が家で作ったコーヒーにはない独特の深みが感じられた。もちろんそれは豆から品質が違うのかもしれないが、店にあったサイフォンは、本当においしそうなコーヒーを作ってくれそうな雰囲気をかもし出していたのである。

よし、次のコーヒーメーカーはサイフォン式を購入しよう、と決めた。

ところがいざ探すとなると、サイフォン式のコーヒーメーカーというのはなかなか売っていない。やはりほとんどがドリップ式だ。そしてやっと見つけたと思ったら、まるでおもちゃのような仕様で、しかもアルコールランプを使うのではなくコンセントを使うタイプのものだった。

もちろんコンセントタイプは「楽でしかも安心」という利点があるのだろうが、だからといってこんなもので妥協してはいけない、と思い、それを買うのはやめた。そして家に帰ってインターネットで調べ、ようやく、アルコールランプを使う本格的なタイプのものを見つけたのだ。
インターネットでの通信販売の注文方法がよく分からず戸惑ったが、店に電話したら親切に教えてくれ、無事、念願のサイフォン式コーヒーメーカーを手にすることができた。

そしていよいよ、我が家で初めての、サイフォン式コーヒーメーカーによるコーヒー作りが始まった。サイフォンの中でコーヒーが出来上がっていく様は、見ているだけで楽しい。自分が定年退職もとっくに済んだ年齢であることも忘れて、子どものようにはしゃいだ気持ちで、コーヒーが出来上がる様を見ていた。こんなワクワクした気持ちは、本当に久しぶりであった。
妻も「どんな味になるんだろうね」と興味津々だった。

そして、できたコーヒーを飲んでみて驚いた。これまでと同じ豆を使っているのに、香りのよさと味わいの深みがグンと増していたのである。自分で言うのもおかしいが、「この味なら喫茶店をやれるんじゃないか」とうぬぼれてしまうくらいの出来だったのだ。

目で楽しませてくれるだけでなく、味でも楽しませてくれるとは、サイフォン式コーヒーメーカーはなんという優れものであろうか。夫婦でのコーヒー・ブレイク・タイムが、より充実したものとなって、大満足である。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る