定年生活.com トップ» 学ぶ » シニアの声(13)広げたい若者のシェアハウス

シニアの声(13)広げたい若者のシェアハウス

2012/12/28  かざぐるま さん

定年後の生活
猪瀬直樹氏が、東京都知事選で圧倒的な勝利を収めて知事に就任しましたが、就任直後のインタビューの中で、大変歓迎すべき指摘がありました。
お宅族と呼ばれる若者が増えている中で、「民間にシェアハウスの発想を広げ、若者同士、あるいは、若者が高齢者をケアする公共住宅も検討したい」という発言です。米国などでは、シェアハウスは、かなり普及しているようですが、日本ではまだまだです。

シェアハウスは、一つの住宅を数人の居住者で共有する形態ですが、日本では、外国人を対象にした簡易宿泊施設としてのイメージが強く、なかなか普及していないのが実情です。
しかし、以前には、日本でも、学生寮や社員寮の形で、居住施設を多くの人たちで利用する形が普及していました。
シニア世代の人たちの中にも、そうした学生寮、社員寮の生活を経験した人たちが多いと思われます。
しかし、近年は、めっきり減ってしまったようです。
若い人たちが、共同生活を好まなくなったことが大きな要因と思われます。

「他人と一緒はわずらわしい」「プライバシーを保たれない」などの理由から、そうした共同生活が敬遠されるようです。
しかし、昨年の東日本大震災以降、日本の若者の中にも、少しずつ変化の芽が現れているようです。
「絆」という言葉に象徴されるように、「人は一人では生きていけない」ということが、実感として理解され始めています。

博報堂が、若者から高齢者までを対象に行った「生活を楽しむための調査」によると、最も必要なものは、「お金」(19.2%)、「時間」(12.4%)を抜いて、「家族や友人、他人との関係」が19.7%とトップでした。
とくに20代では、趣味の集まりや友人との付き合いを通じて、楽しい時間を作ることが出来るとした回答が多かったようです。

シェアハウスは、家賃も安く、景気低迷で若者の収入が減少している状況下で、その利用に目が向けられていることは事実ですが、
しかし、それ以上に、「人との交流を通じて楽しみを見出せる」ことが大きな理由に違いありません。

また、若者と高齢者との交流も、高齢者のケアだけでなく、お互いの人生経験を学べる良いチャンスになると思われます。
共同生活では、人生の貴重な経験を得られることも多いはずです。

東京都内に是非、そうした公共のシェアハウスを実現してもらいたいものです。

シニアの声

(11)手放しで喜べぬ小・中学生の学力向上

(12)民主党大敗のもう一つの要因

(14)揺らぐ“原発依存度引き下げ方針”

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る