定年生活.com トップ» 遊ぶ » ミックジャガーは68歳

ミックジャガーは68歳

2013/1/15  天使が浮かんでいた さん

シニア|ロックンロール
ローリングストーンズのミックジャガーは御年68歳になられるそうです。あの、オオカミみたいな顔をしたロックバンドのボーカルの人です。一度見たら忘れないものすごい顔、ものすごい歌の人です。
その年でもパワフルに音楽活動を行っていて、コンサート活動や、新曲を出すとか、全員60歳を過ぎたロートルの方たちとは思えない元気さを見せつけてくれています。

日本にも何回も来日してコンサートを開くたびに、老若男女のファンが集まっています。多分彼らは誰かが死ぬまでバンド活動をやめないでしょう。まことに慶賀なことと存じます。
ただ、ローリングストーンズに関しては苦い思い出があります。

我々が花も恥じらう中学生の頃、40年以上前のことですが、我々の中学のロック小僧たちの間では、ビートルズ派とローリングストーンズ派に分かれておりました。主流はアイドル系で健全、PTAにも受けそうなビートルズ派でしたが、カウンターパワーとしてどこかワイルドで不良っぽいストーンズ派もしぶとい人気がありました。「黒く塗れ」とか「ホンキートンクウイメン」。ミックジャガーのシャウト系のボーカルと、キースリチャードのけだるい、投げやり感のあるギターのフレーズがたまらない魅力でした。

そう、私は思い切りストーンズ派だったのです。
その当時のがきに朗報が飛び込んできました。ストーンズが来日公演を行うというのです。いまほど外タレが日本に来ることが少ない時代だったから、これはまさに千載一遇のチャンスだったのです。本人を実際に目の前に見ることができるのですから、なんとしてもコンサートにいかねばならぬ。友達を誘って、確か2500円だったと思いますが、日本武道館のチケットを買いました。貧しい中学生にとっては、結構な大金でした。

その日が来るのを指折り数えて待ち望んでいた、その時、突如としてとんでもないニュースが飛び込んできたのです。
公演中止。

目の前が真っ暗になりましたね。
その理由はメンバーのキースリチャードが麻薬所持で逮捕されたこと。当時の日本の入管制度はとても厳しく、麻薬などの前科があるとビザが降りず、入国できなかったのです。当然、コンサートは中止ということになりました。ちなみに、ウイキペディアなどでは麻薬所持だったのはミックジャガーだと書かれていますが、あれは間違い。キースの方です。

そんなわけで泣く泣くチケットの払い戻しに行ったときの情けなさよ。貧乏中学生にはそのチケットを取っておいて将来価値が出る、なんて思う余裕もなく、ストーンズとの縁はここで切れてしまい、すうっと熱が冷めてしまいました。以上。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る