定年生活.com トップ» 食べる » 珈琲を眺める時間

珈琲を眺める時間

2013/1/30  ライオネス珈琲 さん

定年後の生活|コーヒー
毎日コーヒーを淹れて飲んでいるのですが、無類のコーヒー好きと言う訳ではありませんので、大した拘りもなく既に挽いてあるコーヒー豆を購入して飲んでいます。
我が家には、自宅で手軽にエスプレッソコーヒーやカプチーノが楽しめるという事で人気のコーヒーマシーンと、一般的なコーヒーメーカー、更にポットのお湯でコーヒーを落とすケユカというブランドの素敵なドリッパーがあります。

コーヒーマシーンの方は、専用のカプセルを使い1杯分ずつ淹れるもので、既に甘みが付いた状態でマシーンから抽出されます。
カプセルの蓋の色がカラフルでとても可愛らしく瓶に入れて飾っていますが、味は?と言うと、私的には甘すぎる物ばかりです。
買ったばかりの頃は、コーヒーを淹れる事自体が楽しくて良く飲んでいましたが、最近は疲れた時に飲む程度になってしまいました。

そこで、普通のコーヒーが飲めるコーヒーメーカーを購入したのですが、最近のコーヒーメーカーは良くできている。
以前使っていたコーヒーメーカーの不満が見事に改善されておりました。
不満と言うのは、電気が自動的に切れないので消し忘れるとコーヒーが煮詰まってしまい、時には空焚きしてしまう事と、消してしまったら消してしまったで、温かいコーヒーが飲めなくなる事の2点でした。
購入したコーヒーメーカーは、淹れ終わると自動的に電気が切れて、しかも魔法瓶付の物を購入したのでしばらくの間は温かいコーヒーが飲めるのです。

コーヒーメーカーのスイッチをポンと押し「便利になったね」と言うと、主人が「便利なのもいいけど、昔喫茶店で飲んでいたサイフォンコーヒーも良かったよね」と言ったのです。
その途端、懐かしい風景がフワ~ッと脳裏に広がりました。
お気に入りの喫茶店の窓際の席、レコードで聴くBGM、ガリガリとハンドルを回す手動の豆挽き、サイフォンの中の豆をかき混ぜる竹のヘラ、無口なマスターの長い前掛けと奥さんの手作りケーキ、喫茶店の床の木目まで思い出してしまいました。フフ
主人にも思い出の喫茶店があり、当時の話で大いに盛り上がりました。

「サイフォンかぁ」
サイフォンは手入れが面倒そうで、今まで一度も手にしたことはないのですが、主人とのんびりコーヒーを飲むことが多くなった今なら、面倒臭がりの私でも「いいかな?」なんて思えてきました。
そうなると、「豆も自分で挽きたいよね」となり、「コーヒーカップも良いのが1つくらいは欲しいな」「部屋の隅に喫茶店のようなカウンターを作ろうか」なんて、どんどん話が広がっていきました。

あくせくと働き、家事や子育てに追われていた時代も終わりました。
アルコールランプでお湯を沸かし、じんわりとコーヒーが出来ていくところを眺める時間は充分にあります。
2人の意見も合致したので、近々サイフォンを購入する予定です。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る