定年生活.com トップ» 暮らす » ヒノキの香りに包まれて

ヒノキの香りに包まれて

2013/3/14  春眠暁を覚えず さん

定年後の生活
仕事をしていた頃は否が応でも早起きをさせられたものだが、年金生活ともなればそんなことは誰も強制しない。もっとも、朝食を作った妻に「いつまで寝ているの」と起こされることはあるが。

元々、短い睡眠時間が体質的に辛かった私にとって、睡眠時間をほとんど制限されない年金生活というのは、言ってみれば「これまで何十年と頑張った褒美に手に入れた、夢のような生活」である。

しかし、困ったことも出てきた。
せっかく長く寝てもいい状態になったのに、年齢のせいか、眠りが浅いのだ。4、5時間しか寝ることができなかった会社員時代と違い、今は7、8時間寝ている。以前よりかなり睡眠時間は長くなっている気がするのに、夢ばかり見ていて眠りが浅く、朝起きても疲れがまだ取れていないと感じる日が多い。

せっかく長く眠れる生活を手に入れたのに、これではもったいない。もっと深くぐっすりと眠れるようになりたいと思うようになった。
とはいえ、何から手をつけていいか分からない。まずは枕を変えてみたが、それでぐっすり眠れるようにはならなかった。次に静かな音楽をかけて眠ることにも挑戦してみたが、これは「音楽が気になって、かえって寝つけない」との妻からの苦情でたった2日で挫折。

そんな時に、温泉旅行に出かけていた娘夫婦が、おみやげにと、まんじゅうとヒノキのスプレーを持ってきてくれたのだ。ヒノキのスプレーは、天然のヒノキのエキスを使って作られているらしく、室内にまくといい香りがするから、と言われた。

さっそく居間にスプレーしてみると、なるほど、これは自然な感じでいい香りである。一瞬にして、森林浴をしているような気分を味わえる空間ができた。

その時ひらめいたのだ。これを寝室に使えばいいのではないか、と。

さっそくその晩、寝る前にヒノキのスプレーを寝室にまくと、とても心地よい。ヒノキの香りに満たされた寝室の中で深呼吸をすると、いつになくスムーズに眠ることができ、眠りそのものもいつもより深く、ぐっすり眠れたような気がした。これは妻にも好評で、それから毎日、寝る前にヒノキのスプレーを寝室にまくのが日課となった。

しかし、スプレーの中身が減ってくると焦りを感じるようになった。早く新しいスプレーを探さねば、と思うが、娘が買ってきてくれたものとまったく同じものは、インターネットの通信販売では見つからないのだ。

こうなれば他社の製品を試すしかないか、と思っていたが、その時ふとひらめいた。
寝室の壁などをリフォームでヒノキ材に替え、寝室をヒノキそのもので囲んでみてはどうか、と。妻にも話したところ「これまで贅沢せずに頑張ってきたんだから、そのくらいの贅沢はしてもいいね」と賛同してくれた。

こうして、私たちの寝室は、天井と壁に無垢のヒノキを使い、さらに畳もヒノキ畳を使った「ヒノキ部屋」へとリフォームされた。部屋そのものからヒノキの香りが漂い、しかもスプレーよりもさらに自然な香りなので、本当に満足だ。

ヒノキのおかげで毎日心地よく眠れるようになったので、これからどんどん健康になって、年金生活を充実させたものにしたいと思っている。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る