定年生活.com トップ» 暮らす » 自治会の「老い」を考える

自治会の「老い」を考える

2013/3/25  定年ゴジラ さん

定年後の生活|老い
結婚して子どもが生まれたと同時に、私たちは家を買いました。
当時、かなり大きな住宅開発をしていたところを選んだのです。開発中はほとんど何も無いようなところでしたが、「これから、きっと便利なところになるから」と。
実際そのあと近所にスーパーもできて、そこそこ便利になりました。

そして月日が経ち、私たちが住む家は、今や築38年。そして私のご近所の家も、一部は建て替え等をしたお宅もありますが、多くはやはり私たちの家と同じ、築40年前後です。

当然のことながら、ご近所さんも私たちと同じく「40年前後、ここに住み続けてきた」という人が多いのですが、今、困った問題が起きつつあります。

それは、私たちが加入している自治会の「老い」です。

私たちの子どもの世代はこの町には居つかず、ほとんどが親世代とは別のところに住んでいます。つまり、今、私たちの自治会は、ほとんどが年金生活の高齢者ばかりになっているのです。

自治会の役員は一年毎の持ち回りで、あと数年もすればまた我が家にも役員の義務が課せられるようになります。夫もまだ幸い元気なので、次の役員の仕事はまだこなせるかもしれませんが、問題はその次です。約20年後に、また役員の義務が回ってきますが、その頃、夫も私も、役員の仕事をこなせるかというと、自信がありません。

私たちが若いころは、高齢世帯のほうが少なかったので「高齢だから役員の仕事ができない」という人は免除した事もありました。しかし今は高齢者だらけですから、年をとって自治会の役員の仕事をこなすのがきつい、と思っても誰も代わりを頼めない状況なのです。

自治会が無ければ、きっとゴミ出しなどのルールも守れなくなってしまうなど、いろいろと困ることが出てくる、でも、「総高齢化」してしまった自治会では、どんどん身動きが取れなくなり、やがては機能しなくなると予想される、その事に気付いて、怖くなりました。

こうした自治会の「老い」問題を抱えているところは他にもたくさんあると思うのですが、そうしたところはどうしているのでしょうか。

インターネットでも少し調べてみましたが、自治会の仕事をすべてやってくれるような業者というのはなさそうでした。自治会だからこそ、その町内をよく知っている人が必要だから、業者がすべてを請け負うことは難しいのだそうです。

ここでずっと暮らしてきたから、愛着があるからこそ、これからもなるべくここで暮らしていきたい気持ちはあるのですが、いずれ自治会が自然消滅のような形になってしまって、この町内そのものが荒廃するような状態になれば、その時は去る事も考えなければいけないのかな、と思っています。なるべく、そうなってほしくはないのですが、この町が若返りできるような事は、残念ながら無さそうです。

超高齢化社会の問題は、これまで「年金が減らされるだろう」「また医療費の負担が大きくなるんだろうな」などというくらいの認識しかありませんでしたが、他にもまだまだいろいろと問題があるのだな、と感じました。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らすに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る