定年生活.com トップ» 学ぶ » 住宅リフォーム工事の被害

住宅リフォーム工事の被害

2013/4/3  渡る世間に さん

定年後の生活|リフォーム
国民生活センターによれば、高齢者への悪質な訪問販売トラブルの中で、住宅リフォーム工事の割合が増えているようです。

具体的にどのようなケースなのかをまとめてみました。

ご相談内容は、訪問販売の場合と工務店などと契約した場合に分かれています。トラブルは、訪問販売だけとは限りません。

<訪問販売の例>

■トラブル1/屋根の塗装工事を契約したが、契約金額を修正液で書き直された。

■トラブル2/訪問販売業者に言われたままに契約し代金を支払ったが、業者と連絡がつかなくなった。

■トラブル3/11件で総額500万円のリフォーム工事を契約させられた。

■トラブル4/訪問してきた業者に急かされ、屋根工事の契約をした。

■トラブル5/訪問販売で屋根の塗装工事を依頼したが、業者が工事に来ない。

■トラブル6/植木の剪定を依頼しただけなのに、塗装工事も契約させられた。

<工務店の例>

■トラブル7/外壁リフォーム工事を契約したが、一方的にキャンセルされた。

■トラブル8/リフォーム工事を契約したが、請求額が最初の金額より1.5倍も高かった。

■トラブル9/当日中に契約しないと、50万円高くなると言われた。

■トラブル10/施工内容がずさんな上に、口頭での契約と請求金額が違った。

■トラブル11/浴室と洗面所のリフォームをしたが、施工がずさんな上に請求額が見積りと違った。

これらのトラブルに対する対処法ですが、

●工事前に見積りを複数の業者からとって、金額と工事内容を確認すること。

●訪問販売などの突然の勧誘の場合、その場で契約しないこと。

●工事内容について、業者と話し合ったことを記録に残すこと。

契約には時間をかけて、家族ともよく話し合ってご検討ください。

また、契約したのが知り合いから紹介を受けた業者だと、契約内容があいまいになるようです。きちんとした書面にしてもらってください。

契約後は、言った言わないでもめがちなので、ボイスレコーダーなどで録音するのもよいでしょう。

トラブルになったら、すぐに国民生活センターなどの相談機関に相談するようにしてください。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る