定年生活.com トップ» 学ぶ » シニアの声(32)後を絶たぬ復興予算の流用

シニアの声(32)後を絶たぬ復興予算の流用

2013/5/24  かざぐるま さん

定年後の生活
東日本大震災による被災地復興のための、いわゆる復興予算の流用が、昨年、問題となりました。
そのため政府は、「復興予算を被災地以外では使わない」と宣言したはずです。
それにもかかわらず、またぞろ、復興予算の流用が明らかになっています。
新聞社の調べによると、明らかになった流用は、公益法人や自治体の「基金」を隠れみのにした新たな手口です。

「基金」は、国の予算からお金が配られるものの、その使い道は、予算のように厳格ではなく、複数年度にわたって使うことが認められています。
単年度主義の予算の弊害を是正する手段として、利用されているのですが、直接国民の目が届かないことを良いことにして、使い道はかなりルーズになっているようです。

復興予算流用の具体例として、大分県の林道整備事業があります。
大分県の林道整備と被災地復興とは何の関係もないのですが、お金の出所が、「基金」です。「オールジャパンで、復興のための木材を増産するために、復興予算がついた」と担当者が指摘しています。
大分県の木材出荷の大部分は、九州地方であり、この言い分は、まさに役人のへ理屈といえます。

千葉県における失業者の再就職支援事業。
これも基金をバイパスに使った流用の例です。
名前は「震災等緊急雇用対策事業」となっていますが、実態は、被災地以外でも、震災後に失業した人なら、被災地とは関係なく誰でも対象となる事業のようです。
これでは、「震災」は名前だけのようです。

もう一つ。鳥取県の「国際まんが博」PRのために、ご当地アイドルにつけた人件費約4000万円も復興予算から支出されていました。
鳥取県の説明によると「被災地の方を優先雇用するための募集事業です」。???

役人の「へ理屈」にはあきれてものが言えません。
復興予算は、私たちの税金であることは言うまでもありませんが、とくに、復興予算の場合、私たちが納める所得税を、今年から25年間にわたって2.1%上乗せする、いわゆる復興増税でまかなうお金です。
被災地の復興が一日でも早く実現するよう、予算の使い道には厳しい監視の目を光らせる必要があります。

シニアの声

(30)姑息な消費増税のセール指針

(31)あきれた橋下氏の発言

(33)地震予知は、もっと精度を高めて

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る