定年生活.com トップ» 食べる » 文人の食卓 凡人の食卓

文人の食卓 凡人の食卓

2011/7/19  定年シニア さん

定年後の生活|文人凡人|食卓嵐山光三郎の『文人悪食』は、明治以降の文人たちを「食」という切り口で論じた抱腹絶倒の名著である。
泉鏡花の食生活は病的に潔癖で、真夏でも煮沸したての熱いものを食べたとか、中原中也は、ダダイストを気取って「さらし葱のソースかけ」などという、世にも珍妙なものを食べていたとか、天才たちの実にユニークな食卓が、作家論を織り交ぜながら楽しく紹介されている。

それでは、シニア文学愛好家を自認する私の食卓はどうだろう。
「朝」ご飯。味噌汁。できれば母の味付。鮭か鯵の開き。ウドンならかき玉。蕎麦は月見で卵は生。トーストにハムとレタスでサンドイッチ。・・・健康的であります。

「昼」残りご飯。味噌汁とおかずも残り。すき焼きなら卵とじ。カツはソース煮。カレーの残りは、牛乳を少し入れて温める。残りご飯でハムと玉葱入りのケチャップ焼き飯。・・・なかなか経済的です。

「晩」ビールを飲んで、蒲鉾と冷奴。枝豆やトウモロコシ、サンマなど季節のもの。おでんやお刺身は冷酒で。ツマは全部食べてしまう。晩酌の後は、胡瓜や白菜の漬物でご飯を一杯。・・・とても庶民的です。

友とヤキトリを熱燗で。そして、避けるべきとは知りながら、飲んだ後のラーメンとゆっくり吸う食後の一服。・・・こちらも庶民的であります。

うーむ。健康的、経済的、庶民的か。残念ながら、哀れを催したり、魑魅魍魎が垣間見えたりするような文学的な香りは皆無。見事なほど生活感が溢れる、これぞ凡人の食卓。これでは、文学はちょっと無理?
しかし、「食に理屈も蘊蓄も不要。おいしいものを、おいしく食べられればいいんだよね」などと凡人の論理を呟きながら、シニアになってもついつい食べ過ぎてしまう私である。

嗚呼。文学の道は、遠く険しい。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿を読む

 
トップページに戻る