定年生活.com トップ» 遊ぶ » 「相棒」はなぜおもしろいか

「相棒」はなぜおもしろいか

2013/8/19  青春の殺人者 さん

シニアとテレビ
テレビ朝日の「相棒」がとてもおもしろい。

日本のテレビドラマの中では屈指のおもしろさ、視聴率も非常に高い。のみならず、本放送がなされていない時期に昼間の午後に再放送をするのですが、これも本放送並みの高視聴率というのですから、なんともすさまじい。しかも、それを短期的ではなく、一〇年以上も高い水準を保っているところに相棒のお化け具合がうかがえます。

なんで相棒がこんなにおもしろいのか。
1.役者に依存しない。
水谷豊はじめレギュラー陣の役者の個性的なことはこのうえなしですが、役者の個性に全面的に頼っているわけではありません。

2.脚本の高水準
なにより脚本がいい。すべてとはいいませんが、2話、3話分を一話にまとめるくらい密度が高いのです。膨らませれば1話分になるくらいのエピソードを惜しげもなく次々とぶっ込んでいたりするのです。それでいてちゃんと1話の中に起承転結で収まってしまう。

3.丸投げ
最大の理由はこれ。
つまりテレビ朝日が制作に関与していない。調べたわけではありませんが、間違いなく、テレビ朝日の社員が脚本やら演出やらに関わってはいません。だからおもしろいんです。

もちはもちや。プロはプロに任せればいいのです。日本のテレビ局はそれを忘れて、自分たちでドラマを作る方向を志向しています。悪いとは言いませんが、社員が作るドラマがおもしろいと思いますか。むろん中にはヒットするものもあるでしょうが、たいがいははずれ。しかも尻すぼみ。10回シリーズだと第1話と最終話だけに力を入れる。その回だけ視聴率がよければ社員の責任は問われないからですね。

それに対して相棒は、おそらく東映に丸投げしている。プロに任せているのです。
昔の「太陽に吠えろ」とか、「西部警察」とかも、石原プロに丸投げして、それぞれとてつもなくおもしろかったでしょう。あれと同じことですよ。

自分たちは何もしないで外部のプロに任せる、簡単なようですが、規則やら責任やらでがんじがらめに縛られている会社の社員にとってはなかなか勇気と度胸のいることなんですね。丸投げして視聴率を取れなかったら、自分の責任が問われる。丸投げしているから、どういうものができあがるかわからない。わからないものにまで責任を問われたらたまらない、というわけで内部制作のドラマがたくさんできたのですが、それが守りの姿勢であるだけに、ま、ほとんどがつまらないものになるのはすでに述べた通りですな。

相棒の場合はもう揺るぎない実績があるのですが、そういうやり方を他のテレビ局も考えてみたらいかがでしょうかね。
  

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る