定年生活.com トップ» 結婚 » 過程(1)

過程(1)

2014/2/20  五月 さん

老後の生活|ひとり

昨年春から、文章サークルの定例会のあと、みなさんと近くのお店で昼食をとりながら、おしゃべりを楽しむようになった。

かっては「夫が待っているから」という理由をつけて、みなさんがお店に入っても、わたしは、さっさと帰宅した。まるで理解のない夫と暮らしているかのように。

実はわたしの心に、「あと何年夫と共に食事ができるだろうか。二人の時間を大切にしよう」という思いが、老いと共に強くなり、付き合いの悪い人間を貫き通した。

――この思いは、戦後の混乱期、夫と別居を余儀なくされたことも、起因しているが。

夫は「付き合いは大切に」という考えの人であり、若い時から友人と長い旅行にも出してもらえた。

また六十代になって公民館の運営審議委員をしていた時も、忘年会など夜の外出にも、「二次会があったら参加しなさいよ」と送り出してくれた。

サークルの定例会から帰宅し「みんなジョナサンに寄ったけど、帰って来ちゃった」と言うわたしに、「一緒に食事してくればよかったのに」という言葉が必ず返ってきた。

夫によって束縛されたことは一度もないのに、自分で自分の心を拘束したのであった。

昨年一月、独居老人となった。

間をおかず、夫への思いをいとも簡単に、するりと抜け出し、定例会のあとみなさんとご一緒して、楽しいひと時を過ごす。

足の悪い老会員として、みなさんにいたわられ、箸やスプーン、フォークまで揃えてもらい、お客様のようである。

二月二日の定例会、昨日のことであった。 

七十歳代とみられるご婦人が、一人黙々と食事をされているテーブルが目に入った。

その情景に「一人暮らしの方だろうか、食事の変化を求めて、こういう店に来るのだろうか」。そんな思いが、一瞬わたしの頭をかけめぐった。

帰宅して、ふっとお一人で食事をしていた方の後姿が目に浮かんだ。

勝手に人様のことを、一人暮らしだろうかなどと想像したのは、無意識に一人で食事をする、我が身に置き換えたのかもしれないと思い当たった。

健康維持のため、夫がいた時と食事形態は変わることはないけれど、食卓の向こうには誰もいない。

「おいしかったね」とか、「味濃過ぎたね」などと交わし合っていた声は、耳をすませても、どこからも聞こえてこない。発することもない。

食べたいと思う物もなく、あったとしても、材料を揃える術もなければ、調理もままならない。

※続く

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

結婚に関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る