招かざる時

2011/7/23  五月 さん

定年後の生活|招かざる時若かりし日、夫と共に「無趣味が趣味」などと笑い合い、家にいるのが大好きであった。
歳月は、幻のようにたちまち移ろい、断りもなくやってきた。「退屈」という「とき」。
足は萎え外出もままならないわたし。今年は好きな作家の本を一冊も読まなかった。定年が見えてきた息子より、瀬戸内寂聴著『奇縁まんだら』。還暦近くの娘が出る度届けてくれた佐伯泰英の、シリーズもの『居眠り磐音江戸双紙』。宮部みゆきの『初ものがたり』を読んだのみ、それも居眠りをしながら。読書にも根気がなくなり夢中になれない。

口にしたくなかった退屈という言葉を、娘の前で出してしまった。と娘が「九六色のクレヨンがあるから、塗り絵でもしたら」と言う。勤めるようになった息子が、クレヨンを捨てると言ったとのこと。あまり使ってないからと、わたしにお鉢が回ってきたわけ。孫のお下がりである。
その言葉にわたしは、幼児の塗り絵を想像していた。ところが届いてびっくり、千円なりのりっぱな一冊。秋の花編『大人の塗り絵』十一点の絵と、その下絵入りの画用紙付きである。
絵心のないわたしが、「どれどれ塗ればいいんでしょ」とばかり、始めてはみたものの・・・。
手本のような色は出ない。特に葉の色が。緑、空色、黒、いろいろ重ねても陰影がつかない。色鉛筆で細い線をと、工夫しても駄目。
何とか見本に近づけようと苦心惨たんの結果。野ブドウの一番大きな葉が、とんでもない色になり果て、がっくり。「とり返しつきませーん」。

「好きな色で仕上げればいいのよ」。娘は気楽な事を言う。わたしの性格知ってるくせに。『秋の花編』は仕上がらないまま、わたしは、深く深く透き通る冬空の色を見上げるばかり。
二人で楽しんだゲームはほこりをかぶり、無口な夫でもいなくなると、思ってもみなかった「退屈」という魔物が、容赦なく襲いかかってくる。
   今年より 独り暮らしや ちちろ虫

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業
 

暮らしに関する特集・投稿を読む

  
トップページに戻る