定年生活.com トップ» 食べる » 午前六時の変身

午前六時の変身

2011/7/31  ドンキホーテ さん

定年後の生活|午前六時の変身毎朝、卵ウドンを食べて変身する。

午前三時。静まり返った台所で珈琲を飲み、煙草を吸う。仕事部屋に入り、拙い小説を書く。間違って賞でも取らない限り、家族や友人を含めて五人くらいにしか読んでもらえないのに、アベベ選手(古いですね)のように黙々と書く。

作家は年齢制限がないし、元手も要らぬ。定年にもならぬのに会社を辞めてちょうど一年。五十近い私にはこれしかない! と思うのだが、作家志望などゴマンと居る訳で、世の中そんなに甘くない。新人賞の競争率は千倍以上だから、何カ月もかけた作品を送っても、下読み(一次選考担当の若手評論家など)が二十分くらいで速読し、駄目だったら、そのまま捨てられてしまうのである。

まあいいや。できる限りやってみよう。椅子に座ったまま猫のように伸びをして時計を見る。五時半だ。今日は、惰弱な主人公が腐れ縁の女に押しかけられる場面を書いた。三枚進んだから上出来だな。これで自称作家の時間はおしまい。雨戸を開けて仄かに湿った朝の空気をゆっくりと吸い込み、淡い灰色が漂う台所で電気をつける。

変身用の定番メニュー。汁に玉ウドンを入れ、沸騰したら卵をさっと流し込む。きざみ葱を散らし、ホウレン草と海苔を付け合わせ、七味をかけて出来上がり。食堂にひとりで座り、まずは具の香りを楽しむ。小鳥の囀りに耳を傾け、西の窓の向こうで黄金色に照り映える木々を眺め、やおら湯気と共にすすり上げる。・・・・・・美味なり。

煙草に火をつけ、深呼吸をひとつ。私はシニア・デイ・トレーダーだ。行方定まらぬ紫煙を眺めていると、家族が起きる音が二階から聞こえてきた。さあ、マーケットとの戦いだ。目を瞑って作戦を練る。何のために? ドン・キホーテみたいな夢を追い続けるためである。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿を読む

  
トップページに戻る