定年生活.com トップ» 働く » クールビズでイメージチェンジを!

クールビズでイメージチェンジを!

2011/8/10  ローマの休日 さん

シニア向けクールビズ原発事故による節電奨励対策で、オフィスにおける「クールビズ」が本格的なものとなってきました。
夏期の「ノーネクタイ・ノージャケットキャンペーン」なわけですが、「何を着ていったらよいのかわからない…」というシニアの声もあがっています。

クールビズは、「夏になったら、日本国民全員がアロハシャツを着用」といった具体的なものではなく、オフィスの中で涼しく、効率的に働くことができるような軽装であればかまわないようです。
しかし、今年は例年にも増して節電が強化された「スーパークールビズ」、環境省は、職場によってはポロシャツやチノパン、TシャツにジーンズまでOKとしています(ただし、短パンやサンダルなど、極端にカジュアルな服装はNGだそうです)。

ちなみに「クール・ビズ」とは、涼しいという意味の英語の「クール(cool)」と、仕事を表すbusinessの短縮形である「ビズ(biz)」を合わせた造語です。

ネクタイ業界は売り上げが落ちるのでクールビズに猛反対の様子ですが、ネクタイをはずすと体感温度が2度ほど下がると言われています。ネクタイがないと襟元が苦しくないのも健康に良いのではないでしょうか?
しかし、襟元からネクタイが無くなると、都合の悪いことも出てきます。ワイシャツが目立つようになって、ワイシャツに付いたシミや、首筋の汚れなどがわかってしまいますね。スーツを着てごまかしていた部分が通用しなくなるのは計算外です。

若いときなら、しわ加工のシャツなどもありますので、ファッションとして通用するかもしれませんが、シニアがしわしわのワイシャツを着ていると、くたびれ感が漂います。
そこで、クールビズ後のワイシャツですが、襟元がノーネクタイでも収まりの良い「ボタンダウン」か、「スナップダウン」のシャツを選びましょう。これらは、ネクタイ無しでも襟元がシャキッと立っています。
シャツの生地は夏向けの速乾性のある、汗をかいても発散しやすいものがおすすめです。

また、クールビズファッションのポイントは「ベルト」です。ノーネクタイ・ノージャケットということになると、いやでもベルトに目がゆきます。クタクタのベルトをした人を見ると、見てはいけないものを見てしまったような気分になります。
このベルトの選び方ですが、基本的に黒い靴ならブラック系、茶色の靴にはブラウン系と靴に色を合わせるとしっくりくるようです。バックルに変わった素材のものや個性的なデザインのものを選択することで遊びを出すとよいでしょう。

服装次第で、見た目年齢を5歳~10歳ほど上げることができますから、イメージチェンジのチャンス到来です。ベルトなどの小物からなら変えやすいと思います。これまでになかなか服装やスタイルをくずすことができなかったシニア世代の方は、このクールビズを機会に若返りをはかってはいかがでしょうか?

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

働くに関する特集・投稿を読む
  

トップページに戻る