定年生活.com トップ» 遊ぶ » 心にも栄養を

心にも栄養を

2011/9/29  夜間飛行 さん

シニア|孫と楽しむ先日のお休みに、小学二年生の孫と二人、私にとっても孫にとっても人生初のミュージカルを観に出掛けました。
我が娘も子育てが少し落ち着いたな~と嬉しい気分での孫と二人のお出掛けでした。

さて拝観したのは「リトルプリンス~星の王子さま~」。誰もがご存じかと思います。そう、サン=テグジュベリ。世界70カ国で翻訳され、今もなお愛され続けている永遠のベストセラーです。

実はこの「星の王子様」、長いことタイトルは知っていたのですが、お恥ずかしことに最近まで詳しい内容を読んだことがなかったのです。そんな私がミュージカルを観に行くほどに撮り付かれたきっかけは、二人の孫がまだまだ小さい数年前に、クリスマスのプレゼントとして贈ったその絵本との出会いからでした。

まだ三歳くらいだった上の孫にとっては、毎晩母親が読み聞かせていた絵本と比べると絵が少なく文章が多い、少々退屈する絵本だったように思われました。しかし、何となくこの本は早く贈ってあげたいなと感じるところがありプレゼントとして選んだのですが、読み聞かせているはずの母親の方がハマってしまった、との娘からの感想。

それからその絵本は、あまり頻繁には開くことはなく大事にしまっておいたそうですが、二年前、今度は娘の旦那様のご実家から同じ「星の王子さま」の飛び出す絵本…と言っても子供が遊びながら見るようなそれではなく、字も小さく漢字が多い、飛び出す絵も細かい仕掛けのどちらかというと大人向けの記念絵本…が届いたのだそうです。少し大きくなっていた二人の孫は、その絵本のすばらしい仕掛けに驚き、娘はそのお値段に驚き…。最初に私が贈った絵本は内容を少し省略したものだったので、娘は改めて少しずつ読み聞かせていて、その奥の深さにため息やら笑みやらだったとか…。

そういった「星の王子さま」との出会いがあって、ミュージカルが公演されることを知ったものですから一体いかほどのものかと上の孫と二人、即決でチケット購入するに至ったわけなのです。

さて会場に入ってみると、ほぼ満席状態の客席は、本当に様々な年代の方たちでした。孫と同じ年頃の親子連れや、私たちのようにおじいちゃん・おばあちゃんとお孫さん、若いカップルやお友達同士のシニア世代の方・ご夫婦、初老の上品そうな女性、世代を超えて愛され続けているが所以ですね。

ミュージカルそのものはもちろん素晴らしいものでした。笑うところもありで、孫たちにとっても楽しめる内容でした。そして何と言っても日常と離れた異質の空間で、素晴らしい雰囲気を感じることができ、心にビタミンをたっぷりと注入したような清清しい気分で岐路に着いたのでした。

シニア時代に突入してから、とにかく長く健康を維持することに注視しがちで、運動のことばかり気に掛けていましたが、時には身体のことだけでなく、心に栄養補給できるような場所へ足を運ぶことも取り入れていきたいと、訪れていた私と同じシニア世代の方々を見て感じたことでした。
普段より少しオシャレに上品に装って…そんなお出掛けも元気を保つ方法になりそうです。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊びに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る