定年生活.com トップ» 遊ぶ » 子供禁制の遊園地

子供禁制の遊園地

2011/6/25  kenken さん

定年後の生活|遊園地遊ぶといっても、大人の遊びはお金がかかると思いませんか?だから、給料日前だと俄然遊ぶ機会が少なくなるんですよね。 いや、別に不謹慎な話題を持ち込もうとしているわけじゃないんです。普通にです。私が考える大人の遊びとは、呑むことであり、ドライブすることであり、映画を観ることであり、買い物することでもあり、旅行することであり、焼肉や鮨を食べに行くことでもあり・・・要するに夢中の内にあっという間に時間が過ぎて、愉快であればすべて私にとっての遊びです。でも、確かにお金がかかりますよね。ちょっと待って下さいね、カミさんと話しているときと同じだ。愉快だし、時間はあっという間ですし・・・。私にとって、これも遊びなんでしょうか。ふと湧いた疑問に少し戸惑う思いです。これからするカミさんとの会話には、気負わず、自然体で、いっぱいの笑顔で接するという遊びの精神だけを持っていくと決めて、戸惑いに決着をつけてと・・・。

さて、遊びを趣味としていた子供の頃は、双六やトランプ、かるた、ベーゴマ等、最初それらのツールを手に入れるために多少の出費はしましたが(もっぱら親が、ですが)、それだけで長い間“無償”で遊べましたよね。ところが、大人は違います。大人同士が寄り添って、神経衰弱や人生ゲームでもやっている光景を、ちょっと想像してみてください。まして子供の頃には女友達や兄と弟であや取りもできましたが、定年も近い50過ぎの男になったら、どんなシチューションであっても、あや取りの光景は危険すぎますよね。そう思うと、私はあまり遊んでいないかもしれません。話題作りにラジオを聞きながら通勤しますし、帰りは、資格取得目指してテキストを読むここ数ヶ月間の私の行動です。遊ばないと、心の余裕が生まれない、心が休めない…と思うこともありますが、自宅から駅までの往復4キロの道程を毎日歩いて通勤・帰宅しているせいでしょうか、夜はよく眠れますし、朝もほとんどパッと目覚めますから。

でも、ときどき童心に帰りたいとは思いますよ。大人だけが入場できる遊園地があればいいなって、カミさんと話すことありますからね。園内にあるものは子供向けの遊園地にあるものと同じです。ただ大人用にすべで大きめのサイズになっているんです。そんな遊園地があったら思う存分はしゃげて、ストレスなんていっぺんに吹っ飛んでしまうと思いますが、ないですよね、そんな所は。まぁ、仮にあったとしても入場料は結構するでしょうね、他にないんですから。それにしても大人の遊びには社交辞令、上司と部下、先輩と後輩等の要因が縦横に入り込んできて、中々リラックスできません。子供が小さかった頃の週末は、必ずどこかの遊園地や公園に出かけました。娘に紛れて束の間童心に戻ることもできました。今思えば、自分のために行っていた部分もあったのかもしれません。その娘も成人した今、私は切に願い、探しています。先ほど話した、所謂『子供禁制の遊園地』を。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊びに関する特集・投稿を読む

トップページに戻る