定年生活.com トップ» 健康 » デリケートな女心

デリケートな女心

2011/10/7  直子 さん

定年後の生活|頚椎椎間板ヘルニア先日、包丁を握ったところ、食材を持つ方の指先に違和感を覚える。
「あれ」と思ったんだけど、やけどでもしたかと気にしないことにする。
しかし数日たっても指先の感覚がおかしい。
「あれ あれ」指先をしびれが走っている感じもしはじめる。
なんだろうと思っているうちに、親指の第一関節より先が完全にしびれている感覚になってきた。
痛むわけでもないので、ほおっておこうと思ったが、これがあなどることなかれ。
しびれた感じはけっこうのストレス。
例えるなら、正座の後に残る足先のしびれが、勢力を弱めながらもずーっと付きまとう感じなのだ。
そのうち、しびれの範囲が腕までひろがっていき、24時間しびれと闘っている状態に。

意を決して病院へ。
幸い、徒歩で行けるところにMRIを備えた脳外科病院があったので、そこを受診。
「このまま 左半身動かなくなったり、脳に異常があったらどうしよう・・・家族に一番迷惑かけちゃうよ」などと悩みながら待合室で過ごすこと2時間。(けっこう長い)
やっと呼ばれ、脳外科の先生に症状を訴える。
「脳外科にいらしたという事は、脳の病気を疑っていらっしゃるんですよね。症状を伺う限りでは整形の受診をお勧めします。うちに整形の先生がいらっしゃいますから。MRIとレントゲンをとりましょう。まあ脳の方の可能性もゼロではないんですが。」

MRIとレントゲンを撮り終え、再び呼ばれたのは脳外科。
「やばい。脳だったのか!」とドキドキしながら診察室へ。
現像物をPCに映しながら、先生はのたまわれた。
「やっぱりねえ、これはね、ヘルニアだね、首の骨のここんとこ。あとで整形の先生によく見てもらって下さいね。
しかし、まあ見てごらんなさい。この首の骨のうしろ。この白いの何だと思う? 脂肪だよ。脂肪。何センチあるか計ってみようね。」
PCに矢印が浮かび、点線がその脂肪らしきものをたどる。
「わあぁ 3センチぐらいあるよ。あんまり見ないよ、こういう人。だめだよ。やせなきゃ。ほら、もう一回はかってみるね。ほらやっぱり3センチ。まちがいないね。」
おおきなお世話だ!!!

その後整形へ。
「頸椎椎間板ヘルニアですね。すぐ手術が必要って言うほどでもないので、様子を見ましょう。ただ首はものすごく凝っているので筋弛緩剤と、しびれ止めのビタミン剤を出しておきます。」
ここで私をまっすぐ見た先生がのたまう。
「少しふくよかでいらっしゃるようですから、ほんの少しやせましょうね。」

結果、太りすぎなのはわかった。
それがいろんなところに影響するのだろう。
わかった、それはわかった。
しかし人によってずいぶん言葉の選び方がちがうものだ。
お願いだから傷つけない言い方をしてちょうだい…
だって、若くなくても女の子だもの。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

健康に関する特集・投稿リストへ

  

トップページに戻る