定年生活.com トップ» 健康 » 腰痛持ちのつぶやき

腰痛持ちのつぶやき

2012/1/31  腰痛持ち さん

定年後の健康|腰痛電車がホームに停まる。開いたドアから乗り込むと、まずさっそく空いている席を探す。場合によっては人を押しのけてでもその席に座ろうとする。

若いときはそういう中高年の姿がとてもいやだった。意地でも座るまいと、がらがらの電車の中でも立ち続けていたものだ。しかし、いまではわずかな席の隙間があれば、そこに座りたがる自分がいる。その理由は簡単で、いまは腰が痛いからだ。立ったまま長時間電車に揺られていることが耐えられない。数分経つと腰にじんわり痛みが走り、それが途切れることなく続く。姿勢を変えても、体重をどちらの足にかけても、痛みは逃げることなくじわじわと増していく。額に脂汗が浮かんでいるのがわかる。どうしても我慢できなくて途中の駅で降りてホームのベンチで休むこともしばしば。

原因は見当がついている。体に余分な肉がついているから。いわゆるメタボ体質だからだ。長年、余分な肉が付いたその重みが腰と膝に負担となって出てきたのが、この数年のこと。

腰痛の原因は様々なものがある。「姿勢の悪さ」、「激しい運動や労働」、「老化によるもの」、「内臓の病気」、「精神的ストレス」などなど。いろんな内臓の病気から来るものは腰だけでなく、背中全般に痛みが来ることが多いようですが、背骨に原因があって腰に痛みが来るのは、たとえば椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、骨粗鬆症などの病気によるもの。ただ、こういう病気は原因となる要素を取り除けば、腰への負担も軽くなるはずで、医師に相談して治療すればある程度解消される。しかし、姿勢が悪いとか、太りすぎとか、精神的ストレスなどといった、ある意味「漠然とした」原因というのはなかなか取り除くことができない。
わかってます、節制すればいいんでしょ。わかってるって。

そしてもう一つの問題がある。実際、電車に乗ってもいつもいつも腰が痛くなるわけではない。疲れがたまっているときとか、長時間歩き続けたときとか、体に負担をかけたあとに突然痛みが来ることが多いのである。だからなかなか病院に行けない。病院に行く時間がある普通の時にはけろっと治っているからだ。痛くもないのに病院に行くという決断がなかなかできないものだ。自分で言うのもおかしいのだが、こういうのがいちばんたちが悪い。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業
  

健康に関する特集・投稿リストへ

  

トップページに戻る