定年生活.com トップ» 暮らす » 「新」が嫌い

「新」が嫌い

2011/10/15  風街ろまん さん

定年後の生活|地名「新**」が嫌いです。**というのは地名が入ります。新宿のような固有名詞ではなく、昔からある地名に新がついて新しい町ができる、その新です(**に実名を入れてもいいのですが、文句が飛んできそうですからやめておきます)。

ずっと東京暮らしで、バブル期の地価高騰で都内には住めなくなって周辺都市に何度か引っ越しました。その際、あちこちの町を探したのですが、ことに「新」がついた町は雰囲気がいやでしたねえ。
 町自体はすごくおしゃれ。駅前はロータリーが整備されていて、花壇なんかもあるし、近代的なビルもあるし、おしゃれな店もいっぱいある。周辺には巨大な高層マンションも建っているし、道路幅は広くて、歩道も広い。どうだ、文句あるかというくらい、すべてにおいて作った者の意志が伝わってきます。こういう「新」の町は、昔は何にもなかった土地。山を切り崩し、林をなぎ倒し、広大な空き地を整備し、埋め立て地を整理、沼地だったりを埋め立てたりして、近代的な町を作ったところが多いのです。

いいじゃない、近代的で新しくて、便利で。何か文句があるのか、と思われるでしょうが、そうした町の空気がどうも居心地が悪い。どこが悪いとは言葉では説明できないくらい、雰囲気が悪いのです。
つまり都市の悪いところ。住人の他人への無関心、自分勝手、思いやりのなさがぷんぷん臭うのです。
もっとはっきりいえば、その町には老人がいない。まったく歩いていないのです。だって年寄りが行くところがない。のんびり休むところもない。買い物するところもない。おそらく老人にとってはものすごく住みにくい町だろうなと思います。
しかも自転車はぶんぶん飛ばして歩道をすり抜けていく。ちょっとぐらいの接触では振り向きもしない。人々はせわしなくせかせか歩いているし、全然余裕がない。絵に描いたようなという言い方がありますが、みんな一律なんですね。

若い人には住みやすいのかもしれませんが、のんびりと住むことを考えるならこの「新」は絶対に不向き。住みたい町ナンバーなんとかなんてのは絶対にうそと宣伝ですね。
じゃあ、どういう町がいいのか、というと経験上から「抜け道がある町」と、「お寺が多い町」がいい条件です。いわば古い町並みということなんですが。

駅前から自転車も通れないくらの細い抜け道があって、その先に思いもかけない商店街へ出たりする。角を曲がると、そこに思いがけず古いお寺さんがある。そういう古い町は、長く住んでいる人がたくさんいて、もちろん老人もいっぱいいて、いろんな人がいる。そういう町は住みやすいのです。

で、そういう2通りの町があって、いずれ東日本大震災後の東北の町作りをどうするか、という問題が出てきます。当然、「新**」の町がいっぱいできる。そこに老人たちが住めるだろうか、ということなんです。神戸がつまらない町になったように、東北の町も同じようになるのでしょうか。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る