定年生活.com トップ» 遊ぶ » 新幹線の旅

新幹線の旅

2011/10/31  江里子 さん

シニア|新幹線の旅賑やかだった夏休みが過ぎ、二ヶ月。夏休み・・・私たちシニア夫婦二人の生活には当分縁のないものであったが、孫ができてからはこの夏休み、さらには冬休み・春休みが待ち遠しく、まるで子供のころに戻ったような気分になっている。

孫が夏休みに入り、娘夫婦も盆休みに入ってからすぐ、高速道路で車を走らせ帰省するのがここ数年の恒例である。
孫が赤ちゃんの頃には娘が孫二人を連れて飛行機で一足先に帰省、ということもあったが、飛行機は何せ高い。時間がかなり短縮されるのは有り難いが、現役子育て世代の娘家族にとっては、子供が少々大きくなった今となっては金銭的な負担が大きいのである。

なので高速道路が千円になった時には皆で大喜びだった。娘婿の仕事の休みに合わせなければならないが、それでも500キロ以上の距離を一家で千円だけの負担で利用できるのは、娘家族だけでなく、同じような現役世代の家族にとってはとても有り難かったはずなのである。そしてそれば現役世代の帰りを待つ、私たちのようなシルバー世代の者にとっても然りではないだろうか。

しかし高速道路の料金については、元に戻ったので仕方ないのであるが、それでも一人ひとりに料金が掛かってしまう交通機関と比べると若干安いとは思う。そんな訳で一家大移動となる娘家族は今回も車での帰省を果たした。
さて戻る折になって今回は娘婿が一足先に車で戻り、娘たち三人はすこしのんびり過ごした後、新幹線で戻ることになった。開通したばかりの九州新幹線を利用して、プチ旅行を楽しんでみるという。

しばらく私も旅行というものをしていなかったので、これには便乗することにした。
孫がいるとは言え定年まではもう少し。引退したらあちこちを旅行したいと家内と折々に話していたので、開通したばかりの新幹線はいかほどのものか、と少々ウキウキしたものである。

さてその新幹線、平日とは言えまだ夏休み中ということもあり、始発駅から大勢の人が乗り込んでいった。一本前の指定席を取っていたのだが惜しくも間に合わず、次の自由席に乗ることとなった私たちは、早目に乗り込んだために固まった席に座ることができた。しかし次の駅、さらに次の駅・・・家族連れがどんどん乗り込んでくる。孫たちと同じ年頃の子供を連れたお母さんは、車両の端と端に離れて座らさざるを得なかった二人の子供の間を行ったり来たり・・・。子供のそばで立ちっぱなしの母親や私と同じくらいのシニアおばあさん・・・。傍らには大きな荷物・・・。

これまでなら高速道路千円で移動できた家族が大勢いるのでは、せめて飛行機や新幹線で家族割引なるものでもあればいいのに、と思ったのである。新幹線の旅は快適であった。老後には割引もあるそうだし、ぜひ旅行の手段として利用したいと思うが、若い現役世代にももっと気軽に家族で利用できるような何かしらの割引制度があってもよさそうなものだが・・・。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

遊びに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る