定年生活.com トップ» 食べる » 心に贅沢な食を楽しむ

心に贅沢な食を楽しむ

2011/11/5  道子 さん

定年後の生活|食事子供たちがそれぞれ独立を果たし、我が家もようやく夫婦二人の少し落ち着いた生活に慣れてきました。
夫婦二人になってしまった直後は、ほっと肩の荷が降りた反面、何だか気が抜けたような、手持ち無沙汰な日々を感じていました。

子供たちがいた現役の頃の私の生活と言えば、日常の家事に加えてパートの仕事、それぞれに生活リズムの違う家族たちに合わせての毎日で、自分がやりたいことなんて到底時間を取ることが出来ず、早く子供たちが独立して、のんびりと読書をしたり、友人とのお茶を楽しんだり、趣味に興じる時間も欲しいものだと切望していたものですが・・・。
いざ現実になってみると、これまでが多忙を言い訳に何一つ自分のやりたいことをやってこれなかった、と被害妄想もどき抱えていたせいか、やりたいと思っていたことすら手掛けようとしない自分の腰の重さに今更ながらに気がつきました。

「家族のために」と言い訳しながら、なかなか行動できずにいる自分を正当化しようとしていたのですね。
しかしそんな言い訳ができないほど時間的な余裕を持てるようになってからは、「やろうと思えばできたのに、何にしてもやる気がなかっただけ」ということに否応ながら気づかされ、果たしてこれからの長い長い夫婦二人きりの老後生活、夫が定年したとなったら尚更一体何をする!? と段々に焦燥感を抱くようにもなり、差し当たり、まだ現役で頑張ってくれている夫に目を向けてみることにしました。

食卓を見直してみよう、と思い立ったのは、若い頃には脂っ気の多い食事を好んでいた夫が、歳を重ねるにつれ段々と和食へと好みが変化してきていたのが理由です。若い頃には、食べ盛りの子どもたち、働き盛りの夫のために、我が家の食事はボリューム重視のカロリー満点。その食卓は見た目にはお世辞にも「オシャレな食卓」とは程遠いものでした。
よく雑誌などで見かける、ちょっとずつ色んなお料理を懐石風に盛り付けて・・・というのに憧れていたので、折角の夫婦二人の食卓、これまでとは趣向を変えて、見た目にキレイでちょっと贅沢な食卓に・・・と、いろんなお料理雑誌を参考にしてみることにしました。

夫婦二人分となると支度をする時間にも余裕があるし、買い物もゆっくりとできます。夫も定年前の歳ですからボリュームのあるお料理は必要ありません。ちょっといい食材を二人分・・・食費は減っても内容が充実しそうだ! との直感を皮切りに、今ではテーブルの演出にまで精を出してみると、これまで食べたらすぐに席を立っていた夫も、じっくりと一味一味噛みしめながら箸を休め休め、晩酌を楽しむようになり、食材の話題が専らですが会話も増えるようになってきました。

ちょっとの手間を加えるだけで、こんなにも心満たされるとは・・・お金をかけて贅沢なものを戴くのではなく、時間をかけて心にも贅沢な食卓の時間を、夫婦二人で楽しんでいこうと思っています。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る