定年生活.com トップ» 学ぶ » 自転車をタクシー代わりに

自転車をタクシー代わりに

2011/12/11  ひこにゃんにゃん さん

シニア|輪タク滋賀県彦根市が観光用として走らせた「ひこね輪タク」が、地域のお年寄りの足として人気を集めています。

輪タクとは、人力車を改良したもので、「日本の風景に似合うものを、地元の者の手で作って走らせよう」と考えて生み出されたようです。

人力車というとアジアチックな趣ですが、元々は、ドイツのベルリンが「環境にやさしい交通手段」として開発した乗り物で、東洋のものじゃないんですね。ちなみに、中国やインドネシアなどでも似たような形状の自転車タクシーが走っています。

一般的なものは、後ろのリアカーに乗客を乗せていますが、なかには、前の座席に乗客を乗せるタイプのものもあるみたいです。屋根があって、そこにフリルがついていたりするものもあり、絵本で見るお姫様が乗っている馬車のようで、可愛らしい感じです。

ひこね輪タク以外には、京都や奈良などの観光地で、ドライバーが観光案内をしながら輪タクを走らせています。

NPO五環生活が運行している「ひこね輪タク」は、初乗り(半径1キロ未満)が300円と安く、買い物する時や病院に通院する際に気軽に呼べるので、地元のお年寄りが日常的に利用しているとのことです。

予約はメールで依頼して、迎えに来てもらう場所を指定できますが、雨の日は運休となります。

輪タクの町内を回るほどよいスピードは、乗り心地が良さそうです。買い物途中で、「ちょっとあそこに寄って」、「次はここに寄って」と頼めるのも便利でしょう。週に一度の買出しなどそうとうの量になりますから、家まで運んでもらえれば助かります。

タクシーでも、同様のことを頼もうと思えば頼めないこともないでしょうけど、タクシーの場合敷居が高く、足代わりに利用するにはなんとなく贅沢感があります。不況でタクシーの乗客が減っているらしいですが、もう少し庶民的で乗りやすい雰囲気であれば、利用する人は増えそうなのに残念です。

たいへん便利そうな輪タクですが、最近、歩道を走る自転車と歩行者との事故の増加で、高齢者と子供以外で自転車に乗っている人は、車道側を走るように道路交通法が改正になりました。取り締まりが強化されています。

また、駅前やスーパーの入り口などに、無秩序に止めてある自転車のすごい量を見ると、増えすぎた自転車人口についても考える必要があるかと思います。

日本の道路は狭いので、自動車やバイク、路上駐車の車、自転車も含めると、のんびり輪タクが走れるのは、交通量のかなり少ない道路に限られるのではないでしょうか。

輪タクは古き良き乗り物の復活で情緒がありますが、全国的に増えるかどうかは、これから先の日本の道路事情にもよりそうですね。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る