定年生活.com トップ» 結婚 » 独身の息子

独身の息子

2011/12/19  頼子 さん

定年後の生活|子供の結婚問題このサイトにやってくるのは、おそらく定年生活を迎えた、あるいはそろそろ迎えるころかな、という年代のみなさんだと思います。
ということは、子どもさんがいればそろそろ結婚し、孫でも誕生するかもしれないという年齢だったり、もう孫が成人したよという方もいるかもしれません。

親が子どもの面倒を見るのは大学卒業まで。就職や結婚となると、親が出る幕ではない、というのが世間の一般的な考え方です。
氷河期といわれて久しい「就活」状況には、「コネ」といわれる部分で親が関わる場合もあるのかもしれませんが、こと結婚に関しては親が子どもの結婚相手を探すことなど恥ずかしい、という意識があります。
家同士のつりあいを気にするほどの名門の家柄であれば別かもしれませんが。

介護職員をやっている私の息子はもうじき45歳。独身。
彼女がいるけれど、結婚しない、というのではありません。相手に対する理想が高すぎるままこの年になってしまった、というわけでもありません。

介護業界の多分にもれず、息子の給料はそう高くありませんが、それなりに安定しています。
外見は親の目から見て中の下? 背は低め、ずんぐり型で、頭には白いものが混ざっています。学歴は三流大卒。ですが、金遣いが荒いとかギャンブル好き、酒ぐせが悪い、飲み屋のオネーチャンに入れあげる、というようなこととはどれも無関係で、かといって「萌え」だの「ガンプラ」(ガンダムプラモデル)だのオタク系でもありません。

穏やかな性格ですし、長い独身生活のおかげで、ひとまず自分の身の回りの世話は自分でできますから、結婚相手に「オカーチャン」を求めるわけでもありません。
・・・が、世間一般の「売れ残り」男性の典型的な見本といったところです。

だったら真剣に婚活しなきゃ! とはいうものの、たいていの「はじかれ組」タイプは婚活パーティには行ったことがありません。そういうところに行ってさっさと彼女でも見つけることができる性格なら、最初から悩みはありません。
私の息子も一度、尻をたたいて結婚相談所の登録会員にさせたこともありますが、結局やめてしまいました。仕方ないですね。

身びいきであるのは百も承知ですが、世の中のお嬢さん方は息子の何がそんなに気に入らなくて、息子をはじくのでしょう?
金遣いが荒く、時に家族に暴力を振るい、好き勝手に振る舞っているような男が結婚離婚、再婚などをしているのを見たり聞いたりするにつれ、歯噛みしたいほど悔しい気持ちになることもあります。
そのうちの一回の結婚をこっちにまわして欲しいワ!

古い友人は「それはxxちゃん(彼女は私の息子のことを昔からそう呼ぶ)の良さをわかる人とまだ出会ってないからよ」と慰めてくれます。

何がなんでも孫が欲しいわけでもないし、年老いた自分たちの面倒を見てくれればありがたい、などとずうずうしいことを考えているわけでもありません。

息子がこの先まだ長いであろう人生を誰かとともに歩むことができればきっと楽しいかもしれない、というささやかな願いです。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

結婚に関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る