定年生活.com トップ» 学ぶ » 古典のススメ

古典のススメ

2013/3/6  明月記 さん

定年後の生活|古典のススメ
言葉が乱れているとか、こんなハヤリコトバが気になる、などとしたり顔で憂いたりする御仁が世の中には少なからず居るようです。

もちろん、どんな意見を持つのも自由だし、そういった方々にあえて反論するつもりはありません。でも、言葉というものは時代の意識を映す鏡のようなもので、否応なしに変わっていくから、昔のままの方が却って不自然なのです。有史以来、言葉が乱れてケシカランと仰る律儀な人はいつの時代にも居たのでしょうが、川の流れを無理やり堰き止めるような意見に思えてしまいます。

似たような話をもうひとつ。新聞を見ていると、いまの世相は乱れているとか、あのころは人情や社会正義があって良かった、という記事や投稿を目にします。

まあ、文句を言うつもりはありません。その人にとって「良い」と思えた時代があるのは実に結構なことです。ただ、それはあくまでも主観的なものです。拙い人生経験からして、「世の中は、日々移り変わっていくもの」であり・・・私は方丈記や平家物語の研究者ではありませんが、「やはり、諸行無常であるな」と思っていますから、自己中心的な価値観を押しつけられるのは違和感があるというか、ついつい揶揄したくなります。

蛙が鍋に入ってやれやれと寛いでいると、だんだんお湯が熱くなってくるが、じわじわした変化のために蛙は気づかず、そのまま茹で蛙になってしまうという話があります。

自分の物差しだけを信じる「茹で蛙さん」だけでなく、皆さんにもぜひお勧めしたい。
たまには古典を読んでみたらいかがですか。
現代まで読み継がれているものなら何でもいいと思います。ギボンでもシェークスピアでも鴨長明でも清少納言でも何でも結構。

あるときはゆっくりと、あるときは素早く過ぎていく「今と同じような時の流れ」を感じませんか。時代が奏でるような・・・時には邪悪な、時にはストレスに満ちた、時には大地のように豊かな歌が・・・聴こえてきますよ。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る