定年生活.com トップ» 食べる » ほくほく小芋

ほくほく小芋

2012/2/16  芋たこなんきん さん

定年後の食卓|小芋「芋たこなんきん」は女性の好きなもの、という意味で使われますが、たぶんにもれず私もそれらが好きなおばさんです。その中でも特にお芋は大好きです。

さつま芋なら天ぷら、山芋ならシャキシャキ刻んで海苔とお醤油をかけていただくのが好ましく、サトイモであれば大ぶりの椎茸や人参、大根などとほっこり煮たり、お味噌汁に入れてもおいしいですね。

ジャガイモの場合、私が好きなのは小芋を皮つきのままいただくお料理。
お料理というほどでもありませんがね。切るわけでもなし、そのまま調理するだけのシンプルなものです。
皮むきも包丁も使わないので男の人でも簡単にできますよ。
まあそれでも抵抗あるのなら、きれいに洗って準備するだけでも奥様は大喜びでしょう。なんといってもそこに手間がかかるわけですからね。

このごく簡単な料理に多少の希少価値があるとすれば、小芋がいつもいつもスーパーで売っている商品ではないからでしょう。
ジャガイモは、常に売っていますが、「小芋」はときどき遭遇するラッキー商品です。 小芋は大きなジャガイモのうらなりみたいな、しょぼくれた「小さめ」ものはダメです。「小さい」ものじゃないと不可です。
私が先日見つけたものは、長崎産でひと袋99円。かわいい玉が12個入っていました。
大小不ぞろいですが、皮が薄く、タワシ(もしくは歯ブラシ)で洗うとところどころ剥けてしまうぐらいのものがおいしいです。

さて、作り方は簡単です。

1)小芋をひとつひとつ丁寧に洗います。明らかに芽が出ている(出そう)な場合を除いては極力いじらず、泥だけきれいに落とします。なんといっても、皮つきの、あのゴツゴツした表情がいいのです。

2)水気を切ったら、生の芋に竹串で穴をあけ(1~2ヶ所)、お皿にゴロゴロ並べてラップをし、電子レンジで数分加熱します(3~4分)。
まるごと調理しますので、ここで下ゆでと同じ過程をしておくわけです。少し火が通ったかな、という程度で大丈夫なので、加熱しすぎに気をつけてください。

3)深めのフライパンに油を敷いて(サラダ油 + ごま油)芋を炒めます。ゴロゴロ転がして油になじませます。表面にうっすら焦げ目がついたら、ひたひたの水とすき焼の素を入れて煮はじめます。

4)ふたをしてコトコト気長に待ちましょう。皮付きなので煮崩れる心配はありません。
煮汁が半分くらいになったら、みりんを適当に入れます。これがツヤツヤのポイントですね。
焦がさないように注意しながらさらに煮詰めてできあがりです。

どうも芋類は・・・という我が家のオトーサンも、これだけは気に入っていて、お芋が盛り付けられたお皿を見ると文字通りホクホク顔になります。
皮ごと食べてビタミン・ミネラルもばっちり、トイレもすっきり!
ただ、食べすぎにご用心。でんぷんの塊なのでおなかがずっしり重くなります。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

食べるに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る