定年生活.com トップ» 暮らす » 便利な世の中になったものだが・・・

便利な世の中になったものだが・・・

2012/3/19  パソコンシニア さん

シニア|ネットショッピング長年勤めた会社を定年で退職してからというもの、めっきり堕落しきった生活が続いている。

定年間際には、定年後の生活についてあれこれと夢を膨らませ、時間に縛られずにやりたいことに没頭し、これまでのストレスだらけの心を満たしていく生活を思い描いていたのであるが、そんな生活は束の間であった。
時間が有り余るとは言え、日常生活に最低限のメリハリをつけなければ健康上もよろしくないだろうと、朝の起床は現役の頃と同じくし、早朝のウォーキングやラジオ体操、さらにはそれまで女房一人に任せきりであった家事にまで少々手を出し、自分で言うのも何なのだが、近所では「良い旦那さん」像まっしぐら。
この歳で「良い旦那さん」も何もあったものではないのだが、まあ女房にとっては鼻も高かろうと、せっせと庭先の手入れをしながら、日中の長い時間には近くの図書館へ足を延ばし、唯一趣味の範疇と言えるであろう読書に耽る日々・・・。
そこには残業も何もなく、決まった時間の夕方に、のんびり帰路につくのであった。と、ここまでは定年前に思い描いていたような生活・・・。

しかしである! こんな生活は到底長く続くはずはなかったのである。何か足りない・・・。何か物足りなさを抱えながら、行く先々で様々な情報にアンテナを張っていたのであるが、ある日目に留まった「シニアのパソコン教室」。これだ! 今世の中は情報社会。こんなに時間を持て余すのも、溢れんばかりの情報社会に乗り遅れているからに違いない・・・。
そう思い、即座に入会を決めた文化講座、これがなかなか面白かったのである。会社に勤めていた頃、世の中がペーパーレスだのメールだの社内ランだのと聞き慣れない言葉が次々と現れ、その度に悪戦苦闘しながらも何とか危機を乗り越えてきたが、習得できたと言えるほどのものは何もない。今度こそはと鼻息荒げ、さすが「シニアの」と謳うだけのことはあり、自宅でインターネットデビューを果たすことができたのである。

アナログだった生活が一変してデジタル化した様な環境を作り上げ、シニアの私にとって真新しい、新鮮な体験の日々を楽しむようになった。そしてハマってしまったのが「インターネットショッピング」である。これまでの私の買い物はと言うと、昔馴染みの専門店へ出向いて一つ一つの商品を手に取り、気に入るものがなければさらに遠くの店へと足を運ぶ。一つの物を買うのに一日で出会うことができれば上出来で、何軒もの店をはしごして一カ月かけてようやく手に入れる・・・そんなスタイルであった。

しかしインターネット環境が整った今となっては、自宅の部屋で一度に複数の店の多様な商品を見比べることができる。何と便利な世の中であることか! 欲しい物・必要な物などそうそうないものであるが、あまりの情報量の多さに、一度見てしまったら止まることをまだ知らない私である。最近は、一日中部屋にとどまり、プチ引きこもりとなっているのだ。世の中便利になったものだと感心しつつも、これは社会問題になるのもごもっとも! と、そろそろ襟を正さねば、「良い旦那さん」も聞いて呆れられそうである。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る