定年生活.com トップ» 学ぶ » 孫と切磋琢磨する

孫と切磋琢磨する

2012/4/7  目に入れても痛くない さん

定年後の生活|書く孫が小学生になり、ニ年ほど前から私が数年通っている習字教室で一緒に硬筆・書道を習うようになりました。
毎週土曜日の午後、時間帯は別なのですが、私たちシニア軍団のお稽古が終わりに近づくと、ワイワイガヤガヤと賑やかに孫がお友達と一緒にバッグを抱えてやって来ます。

私の娘である孫の母親は仕事で忙しく、これまででは習い事の送迎の時間が取れなかったため、孫にとっては初めての習い事。たまたま一足先に通っていた私がいるならば、と考えて通わせるようになったようですが、子供は子供同士、すぐに仲間を見つけて楽しく継続していくものですね。

シニアになってから習い始めた私と違って、これから学校でいろんな字を習うという早い時期から始めた孫の字の上達ぶりは、目を見張るものがあり、毎月の出品でみるみる昇級・昇段していきました。
もともとクセがある訳でもなく、時折仲間と楽しくおしゃべりをしながらも、先生に教えをいただく時にはしっかりと耳を傾けている様子。素直な耳と目で、どんどん吸収していっているのが、結果としてきちんと出ているのですから、子供の力には驚くばかりです。

仲間と喜び合い、励まし合いながら、どんどん級が上がると楽しくなっていくのは、大人も子供も一緒。家では二つ下の妹に「字を教えてあげるね!」と言い、チラシの裏にお手本を書きながら「ここは止める、ここはハネる・・・」などと妹の先生になりきってお教室ごっこまで始める始末なのです。時に、熱心になり過ぎて、声を荒げることもありますが・・・。

さて、そんな孫の字の上達ぶり、シニア世代から亀さんペースで進んでいる私を、とうとう追い越そうかという日が来ました。
昨年末、年明けてからの展覧会用に出品した作品、もちろんお教室の生徒さんほぼ全員が出品するのですが、何とこの展覧会で入賞するまでになったのです。

毎年開催されている展覧会で、私も特に熱心に書きあげるのですが、入賞なんてそうそう出来るものではありません。実は孫は、昨年も一応の入賞を果たし、書いた作品が表装されるまでに至りましたが、今年いただいた賞は授賞式にも出席とのこと! 先生の口からお話を聞いた時、私は、まるで自分のことのように嬉しく、そして「こんな大事な話を母親である娘よりも先に耳にしてしまって良いのだろうか・・・」と思ったほどです。

当の孫本人は、「すごいね!上手に書けたんやね!」と褒めても、一体どんな作品を出品したのかもよく覚えていない様子でしたが、「授賞式には是非私も同席させてもらおう!」と、孫一人の授賞式に、家族五人が同行して会場へ向かったのでありました。
作品は会場である美術館に展示され、孫は自分の作品を見つけると「あった!あったよ!」とようやく実感持った様子でしたが、「この字、同じ二年生!?すごい!」と、大きな賞を受賞している作品にも触れることができ、小さな胸に一層の精進を誓ったのでありましょう。私は、そんな孫の隣で、いつまでも切磋琢磨することを誓ったのでありました。

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る