定年生活.com トップ» 暮らす » 我が死をプロデュース

我が死をプロデュース

2012/10/17  エンディングノート さん

シニア|お葬式
テレビでお顔を拝見していた金子哲雄さんが、41歳の若さで亡くなりました。

死因は、肺カルチノイドという病気で、最近痩せたなぁ…とは思っていましたが、まさかお亡くなりになるとは…。

友人には「温野菜ダイエットをしている」と語っていたそうで、てっきりダイエットの成果だとばかり思っていました。

金子さんの死で感動したのは、そのプロデュースです。

節約話を面白おかしく解説してくれる愛嬌のあるキャラクターでしたが、あのコミカルさがお葬式にも感じられます。

葬儀の参列者に、金子さんが用意していた手紙が配られましたが、その内容というのが、「このたびは、お忙しい中、私、金子哲雄の葬儀にご列席たまわり、ありがとうございました。今回、41歳で人生における早期リタイア制度を利用させていただいたことに対し、感謝申し上げると同時に、現在、お仕事などにて、お世話になっている関係者のみなさまに、ご迷惑おかけしましたこと、心よりおわび申し上げます。」と、実にユニークな文面です。

金子さんは、自分が入るお墓はもちろんのこと、斎場を手配。遺影や祭壇に飾る花、通夜の仕出し料理に至るまで選んでいたようです。

死を覚悟したときから、これらの準備を始めたのではないでしょうか。

それらから葬儀が悲壮なものではなく、なんとなく彼のウキウキとした感じすら伝わってきます。

金子さんのようにはいきませんが、いざというときのために、私も身の回りの整理をし始めています。

残されてうれしいものならいいですが、とりあえず、ゴミは捨てようと。

ゴミを捨てるタイミングですが、引越しのときがベストなように思います。

前回の引越しで、思い切って不要なものを捨てることができました。

いらないものが無くなると家の中がスッキリとして、ムダな物は増やさないようにしようと努力する気になれます。

時折、「本当に自分に必要な物って何だろう!?」との疑問が出ることがあります。

片づけ始めると、残しておきたいものが意外に少ないことに気づかされるんですよね。

自分の葬式をプロデュースするまでには考えが及んでいませんが、金子さんの死が、堅苦しくない葬儀をイメージするきっかけになったような気がします。

関連する特集記事へ

終活 =人生の終わりを自分でプロデュースする=

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

暮らしに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る