定年生活.com トップ» 学ぶ » シニアの声(3)マスコミ報道に苦言を呈す

シニアの声(3)マスコミ報道に苦言を呈す

2012/10/19  かざぐるま さん

定年後の生活
週刊朝日が、橋下徹・大阪市長の出自に関する連載記事を掲載したことが、話題になっています。
表紙のタイトルには「緊急連載スタート ハシシタ 救世主か衆愚の王か」とあり、「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」という過激な文字が並んでいます。
そして記事には「ハシシタ 奴の本性について」とあります。
これだけ読んでも、内容がいかに悪意に満ちたものであるかが分かります。

テレビの記者会見で、橋下氏は「言論の自由は尊重されなければならないが、親や祖父の代にまでさかのぼり、住んでいた地域が被差別部落であるとか、職業が何であるとかを書きたてるのは、報道機関として一線を越えている」と怒りをあらわにしました。
そして、出版社の「朝日新聞出版」や親会社の朝日新聞社の見解を聞くまでは、両社の取材を拒否するとまで、言い切っています。

私もかねてから、マスコミ、とりわけ週刊誌の報道ぶりを苦々しく思っていただけに、橋下氏の怒りは当然であると感じました。
橋下氏が指摘するまでもなく、政治家などの公人は、政策や考え方、あるいは本人の行動について、さまざまな批判や指弾を受けることはあって当然です。
しかし、自分の家族や親族、さらに祖先にまでさかのぼる血脈、出自まで、「あばく」というのはいかがなものでしょうか。
本人の努力とは関係のない出自、住んでいた環境などを、意図的に記事にするのは、偏見と先入観以外の何ものでもないといえます。

報道機関は日ごろ、人権や差別問題に対する厳しい姿勢を、声高に論じています。
しかし、同じ報道機関の100%子会社の雑誌が、それとはまったく異なる記事を掲載する。
これではマッチポンプといわれても仕方がないでしょう。
うがった見方をすれば、総選挙が近いとみて、大きな影響力を持つ橋下氏の力をそぐ、というねらいとも考えられます。
つい最近の読売新聞によるiPS細胞に関する誤報記事といい、これでは、マスコミ報道は信頼を失うばかりです。

シニアの声

(1)共通テスト公表の是非

(2)我が家もアンペアダウン

(4)高齢者の運転を考える

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ

トップページに戻る