定年生活.com トップ» 学ぶ » 昔の遊びで脳の活性化

昔の遊びで脳の活性化

2011/9/19  恵美子 さん

シニア向け|脳の活性化いつも定年生活.comを楽しく拝見させていただいております。同じシニア世代の方々のお悩みに共感したり時には笑ったり…。
中でも先日掲載された特集「シニアの生活にそろばんを取り入れてみよう」という記事は、なるほど! と唸るものがありました。

シニア世代になってからの趣味というと、山歩きや家庭菜園、音楽や書道…様々なものが思い浮かびますが、「そろばん」とは私にとって目から鱗のような発想でした。
まだ電卓も普及していなかった私たちが子供の頃は、そろばんが出来るのは当たり前でしたが、最近は小学校の授業でもそろばんの時間が少なく、そろばん塾があるにしても検定を受けて昇級したところで、将来実用的とは言い難いように思っていました。

しかし記事の内容の通り、シニア世代には取り掛かりやすく、脳トレにも繋がり、更に実用的。お値段もお手頃となればこれほどシニアの趣味としてもってこいのものはないと思いました。
最近ではそろばんは必要性がなく、計算するにも電卓が便利で、実社会においても使うことがあまりないように思われますが、頭を使うことが段々少なくなってくるシニアの趣味としては「脳を活性化させる」という点、場所を取らないという点でも優秀ですね。

同じようなものに「塗り絵」というのを思いつきました。
子供のころに誰しもが楽しんだことがある塗り絵、最近は大人向けの塗り絵や、介護施設なんかでも取り入れているところが多いそうです。やはりそろばんと同じように、指先を使って簡単・楽しく脳を活性化させていくという点が評価されているようです。

塗り絵は私も孫と一緒に楽しむことが多く、大人の塗り絵が多くあることも最近知りました。老若男女問わずに楽しめてさらに脳を活性化してくれるとなれば、どんなに忙しくても孫に誘われれば一緒に楽しんでいたのですが、子供のころのように思うように塗れなかったりして、もどかしい思いを抱えてしまうこともあります。しかも最近仕入れた大人の塗り絵は子供塗り絵よりも単純ではなく、指先の結構細かい作業を要します。孫は難なく塗り上げてしまうので、やはり指先の動きも集中力も低下してしまっているのか…と感じながら、これも訓練になると思えば長続きもするし、何といっても楽しいものです。

さらに同じようなもので「折り紙」も同様の効果があるのでは、と思いました。折り紙は複雑なものとなるとかなり高度な技術を要するので、そろばんで昇級を目指すような達成感を得ることもできるのではないでしょうか。
これらを考えると、「昔ながらの遊び」の中には、様々な効果が得られそうなものがあるのかな、と思いました。
どれも孫と楽しむのもいいし、気の合う仲間と寄り集まって、おしゃべりしながら作業するのも楽しそうだな、とシニア仲間に広めてみよう!と思い立ちました。

シニアの生活に『そろばん』を取り入れてみよう を読む

アンチエイジングに関する特集・投稿リストへ

シニア向け特集記事

<お金や暮らしに関する特集>

 
老後の不安
(1)健康・お金  (2)働く  (3)過ごし方

老後の計画
(1)お金  (2)個人年金保険  (3)医療保険  (4)確定申告  (5)住宅ローン  (6)老人ホーム

老後の生活と年金
(1)把握編  (2)対応編  (3)独立編

定年後の生活費、どれくらい必要? / 退職時の貯蓄、どれくらい必要? /
年金生活・・・老後のお金について考える

定年後
エンジョイライフ / 貯金半減 / 月20万で楽々 / 無収入・一人暮らし /
健康オタク / 熟年離婚 / 熟年結婚 / 教育費貧乏

シニアの群像
(3)田舎暮らし  (4)海外暮らし  (5)野菜づくり  (6)写真展 

<働くことや仕事に関する特集>

元気で働く
64歳男性、看護 / 63歳女性、保育補助 / 58歳女性、クリーニング&パン

定年後
まだ働いています / 仕事がしたい  /  60歳からの働く /
会社に残れたものの / 早期退職か居座りか / 失業しています

定年後も働こう|定年後の独立開業 / シニア夫婦が自宅でしている仕事

シニアの群像
(1)異業種交流  (2)職探し  (7)独立開業

学ぶに関する特集・投稿リストへ
 

トップページに戻る